2013年03月18日

変です!

いつもと違う景色があると・・・P1230450.jpg

P1230448.jpg

P1230451.jpg

P1230449.jpg

P1230446.jpg

そして、すこし時間がすぎて・・・

P1230453.jpg

めでたし、めでたし。
これで変人あつかいはされないよね(笑)

にゃんこの話しじゃないのですが・・
みなさんはペットボトルの蓋をスイッと開けれますか〜?

ちなみに
私は開けれません。

腕の力はあるほうだと思うが、握力はまるっきり無し。だからか・・・?
うう〜〜んと頑張っても開けれない事のほうが多い。
蓋開けようのグッズを使い、やっと開ける。
しかし、それが無いときは誰かに開けてもらう。
まるで、か弱き乙女のようです(爆)

「開かんから開けて〜〜」
可愛いギャルなら絵になるが・・・・おばはんが・・
「開けて〜開けられへんわ〜」
これ、嘘っぽいですよね(笑)

本人は必死なのですが、どこか嘘っぽいので・・諦めることも。
おばはんは損だ・・・と思う・・

どうしても飲みたいときは
可愛く
「開けてくださ〜〜い」と言います。









ラベル:
posted by ムクムク at 09:20| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そぉ〜いうのは、1度も、経験なくて…。(笑)
実は、20代の頃に、何かの、パーティの余興で、握力大会があったのですよぉ〜。
特別に、自信があったワケでもなかったのですが、どの位あるのか、知りたくて…。
っで、結果は、43kg、あったのですが、女子の部で、1番最初に、私から、始めたので、
その数値が、スゴイことなのか、わからなかったのですよぉ〜。
そしたら、次からの人達が、20とか、30とかで、結局、優勝してしまったのです…。(笑)
子供の頃から、腕相撲も、強かったし、力も、他の子よりは、あるとは思っていましたが、
まさか、ソコまでとは…。(笑)

猫が、沢山いる風景って、イイよねぇ〜。
Posted by 紫音 at 2013年03月18日 16:08
Posted by 板金小僧 at 2013年03月18日 17:46
↑こういう便利なものを使ってみたいです(^^)

ええ私の場合、ジャム・ラッキョウの瓶等「ふ〜っっ スッポン!」と開いてしまします(^^;)
Posted by ぽん吉 at 2013年03月18日 18:42
43はすごいですね〜
私も強いと思っていたけど30くらいだから・・・
でもペットボトルはOKです

まだまだお団子ができるんですね
こっちは朝からずーっと20℃超えています
今日はすごい雨でした
Posted by ヒトミンチョ at 2013年03月18日 21:56
ホント 猫団子さん 羨ましいな〜
仲良しさんですよね〜^^

ええと・・・握力43は すごい!!男子なみじゃないですか!私は 左が30で右が25くらい(利き手が 左なの?ってくらいですけど 一応 右利き〜)
Posted by 花あじさい at 2013年03月20日 21:21
紫音様へ

うそ〜〜凄いですね!
そんなに握力があったら悩みはなしですね。

昔・・・かなり昔ですが、握力を計ったら・・
なんと・・動かない??
何度もやりなおして、16・・とか・・こんなんある?

腕相撲は結構自信があるのですが。
可笑しいです。


板金小僧様へ

あはは〜
ぺっとボトルを開けるたびに、呼ぶわけはできませんので・・さっそくアマゾンに注文しました♪
三つかいました!
失くしても大丈夫なように。
一つはバッグに入れます(笑)


ぽん吉様へ


そうそう、ジャムやビンの蓋にも苦労してます。
諦めてしまいますが・・
イチゴジャムが好きなので、開けるときは出来るだけ
体調の良い、手の疲れのない、そして、いっきにエイッと出来るタイミングを狙います(爆)
失敗すると、また、タイミングをねらって・・ですよ。バカじゃない・・と思いますよね(笑)


ヒトミンチョ様へ


えっ、30ですぅか?
やはり、それが普通なのですね。
私の場合、どこか力の入れ方が悪いのかなぁ〜
昔から、開けれない・・・で、色々かんがえてはみるのですが、やはりダメ。
それと、雑巾など絞るのが苦手。
ゆるいですね〜


花あじさい様へ

おお、やはり30はあるのですか〜〜
う〜ん、そうかーーー
腕、腕力はあるんだけどなぁ・
握力がないと、タオルや雑巾を絞るときに、縦長にのばして、上から順に絞っていきます。
4つ折では旨く絞れませんねぇ〜
たぶん、親指と人差し指の力が極端に弱いのはわかってますが・・・
Posted by ムクムク at 2013年03月22日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック