2012年03月08日

野良猫ミミちゃん物語  続きの続き


ながくひっぱりました〜

でも、これが最後ですよ。



ミミちゃんの鳴き声のする方向に主人は這い上がろうとするのですが、雑木がじゃまで
もうあがる事はできません。
主人は猫なで声で
「ミミちゃ〜〜ん」
私もしたから
「ミミちゃん〜」
ミミちゃんは、そんな私たちの気持ちがわかったのか、下におりてきてくれました。
抱き上げると出血は多くなってきているような気がします。
タオルにミミちゃんを巻き、病院へと!

「う〜〜ん?原因は分からないので、至急に手術をしたほうが良い状態でしょう」
「はい、宜しくお願いします」
「とにかく、お預かりいたします。携帯にその後の経過は連絡させていただきましょう」
「あっはい・・・」


不安な時間はなかなか過ぎないものなんですね。
今頃は・・・手術かしら?大丈夫かしら?

主人の携帯がなる・

「無事に手術は済みました。危なかったですね〜
子宮管にまだ形もない赤ちゃんが詰まっていたようです。ついでに子宮も摘出いたしました・」


ふうーーー


明日のお昼に迎えにきてください・・
良かった!


しかし・・・・ミミちゃんをどうしよう。
我が家にはポッポ母さんが白猫軍団を産み、育てているので、今は難しい・・・・
身体が弱っているので、そのまま帰すわけにはいきません。

主人はバンの車を店にもってきて、とにかく帰ってきたらここで寝てもらうしかないと言いながら
毛布などを運びこむ。


そんな時

「ミミちゃんをもらいたいんじゃが・・・」

いつも私がミミちゃんを抱っこして国道を渡ったりしているのをみていたおじいさんです。

「ほんま、賢い子じゃね〜わしがもらうわけにはいかんじゃろか?」

主人「いや・・今は・・・」
私 「えっ飼ってくださるのですか?ミミちゃんを」

主人「いや・・ちょっと相談します」
私 「明日、ミミちゃんは帰ってきますので、その時にもう一度」

おじいさんが帰ってから主人は猛反対!
主人はミミちゃんが可愛くってしょうがない・・・しかし気持ちはわかるが説得をする。
「今は白猫軍団が騒がしいし、きっといじめられる。それより一人っ子でいっぱい可愛がってくださるところで家猫になれるなら、その方がミミちゃんは幸せだと思う・・・」


ミミちゃんはおじいさんの家に行くことになりました。
おじいさんは独り暮らし。
俗に言う、独身男、その上年配ときている。

おじいさんの家の中までミミちゃんを連れて入る・・まぁ・・なんと几帳面な・・
独身男とは思えぬ、見事に整頓されたお部屋である。
私にはこれがすごく不安になるが・・・・

「あの〜猫ってテーブルにあがったりしますよ・・」

「そうなんじゃ・・そんなことするのか・・・」

「大丈夫ですか?」

「ああ、大丈夫じゃろ・・」

「もし、大変だと思ったら電話くださいね。いつでも迎えにきますから」

不安がよぎったまま、ミミちゃんを置いて帰る。が・・・一時間もしないうちに電話が・・

ああぁ〜やはりだめか・・

「あのなぁ〜、ミミのお父さんじゃけど」

「えっミミのお父さん(笑)どうしたのですか?

「ミミに首輪を買いたいんじゃけど、何色がええじゃろ」

へなへな・・・・首輪の色・・・・



ミミちゃんは神経質なおじいさんを神経質でないおじいさんに変えてしまう魔力がありました。


名称未設定-1.jpg

毎日、ミミちゃんのお父さんはミミちゃんの自慢話にやってきます。

「ほんでよ〜ミミは賢いんじゃでーわしが帰るの遅いときは電気をつけてまってるんじゃ」

「えっ、紐にじゃれただけでしょ」

「いやいや、わしも始めはそうは思ったんじゃが、わしが家にいる時も日がくれだすと電気をつけるのを目撃したんじゃ」

うん、ミミちゃんならするかもしれない。



iiyudane.jpg


「ほんでよ〜わしが風呂に入っていると、あまり鳴くから扉をあけたら、湯船に飛び込んできたんじゃ〜ほら、時々は風呂にいれてやるんじゃ」

「ほんでよ〜ミミがよ、赤ちゃんの猫をくわえて帰ってきたんじゃ・・・
 自分のご飯を食べさしとるで・・だから、今はその赤ちゃん猫も一緒に居るで」

時々、ミミちゃんはおじいさんの車の横に大人しく乗り、ドライブもしている。

そして私に会いにも来てくれる。


あれから9年かな?

ミミちゃんは、住宅のアイドルです。

住民の方も皆さんがミミちゃんは賢い!可愛い!

病気もせず、おじいさんの愛を一身に受けて、今も幸せに過ごしています。



これでミミちゃんの物語は終わります。
ラベル:野良猫
posted by ムクムク at 20:42| Comment(11) | TrackBack(0) | 野良猫ミミちゃん物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜素敵なお話だし、実際に合った事なんですよね!ほのぼのとするし、ミミちゃんの運の良さに、おじいさんの素敵さに・・。
うぅぅ・・。涙が出ちゃうよ^^;
ミミちゃんはお利口さんな子だったんですね。
だから、自分から運を引き寄せたんですね。
辛いこともあったと思うけれど、最後は、
猫一倍幸せになりましたね!
末永く、おじいさんのよい伴侶でいて欲しいです。
これも、みんなムクムクさん達がいてくれたからこその事ですよね。

Posted by サスケのママ at 2012年03月08日 21:05
お産だと思ってた。。。
でもムクムクさんに助けて欲しくて来たんだね。
結果的に良い方向になって良かったぁ。
おじいさんとの話がほのぼの過ぎて
(・∀・)ニヤニヤ しちゃった。

末永く仲良くして欲しいですね♪
Posted by ふくねこ♪ at 2012年03月08日 21:45
うわ〜なんていいお話
読んでてすっごくうれしくなりました
今も幸せなんですね
良かった〜ほんとによかった!

ムクムクさんと旦那様を信じて呼んだんですね
なんて賢い
そしてムクムクさんの絵が見られてうれしかったです!
Posted by ヒトミンチョ at 2012年03月08日 21:49
ウルウル涙お二人お元気?ムクムクさん、素敵な実話、感動で、もうたまりません
Posted by at 2012年03月08日 23:40
素敵な話だあ!
ミミちゃんの可愛さ賢さが愛おしいし
猫とムクムクさんのためにすぐ駆け付ける旦那さまが素敵だし
ミミちゃんのお父さん(あはは、お父さんね^^)の嬉しさが伝わってくるし
ぁぁ涙があ〜
うん。今日はいい気分で眠れるぞ♪
Posted by koto at 2012年03月09日 00:14
すごーいハッピーエンド
嬉しいです^^

ミミちゃんのおとうさん、というのが可笑しい〜^^
人間って、ばかになれますねぇ
素晴らしい!
Posted by tieta4u at 2012年03月09日 06:22

なんて、心温まるお話なんでしょう!
本当にあったことなんですよねぇ?

とってもとっても気持ちがほっこりしてきましたよ。
やさしい「お父さん」に貰われて良かったね〜!
写真のミミちゃん、可愛らしいしお利口さんなお顔
してるね〜
ムクムクさんのご主人もミミちゃん、手放したくなかったのも無理ないかも?

ミミちゃんはミミちゃんでも性格いろいろ、うちの
ミミちゃんはとっても気が強いのですよ。

Posted by レモンかあさん at 2012年03月09日 14:20
毎日みてはウルウル。ミミちゃん御一家に、これからも たくさんHappyなこと、ありますように。天使のムクムクさんにも いつも幸せシャワーが、降り注ぎますように。
Posted by MAOMI at 2012年03月09日 14:52
おおおお。。。涙涙涙。
うれし涙です。
ミミちゃん幸せになって良かった〜。
ご主人が最初、ミミちゃんを手放すのを反対したのもわかります。
もしも。。。って思いますものね。
でも本当に良かった。
そのミミちゃんは今も元気にしてるのですね。

ムクムクさんすてきなお話ありがとうございます。
心の中がぽわってあったかくなりました。
Posted by 3にゃんママ at 2012年03月09日 17:00
嬉し涙が出るお話でした。
今もミミちゃんは元気で幸せに暮らしているのですね。
よかった!
それに子猫も連れて帰ったのですね。
赤ちゃんならミミちゃんの子ではないですよね?
久しぶりにほのぼのとした気分に慣れました。
なんたって今日はどのチャンネルも震災のことばかりですから・・
Posted by シロち at 2012年03月10日 20:35
ミミちゃんの話本当に嬉しいですねぇ。
お年寄りや単身者で飼いたくても躊躇する人がけっこう居るんですが、そんな方ほど飼って欲しいと思っているんですよ。
今、年齢や環境に不安のある方のバックアップが出来る会を作りたいとネコ友と話してるところです。
Posted by ぽん吉 at 2012年03月10日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック