2010年05月08日

ながいみち(絵本) 7 8 9

  ながいみち   7

長い道D.jpg


          8

長い道E.jpg


          9

ajisai.jpg


     つづく

ラベル:イラスト 絵本
posted by ムクムク at 21:21| Comment(7) | TrackBack(0) | ながいみち (絵本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこまで、行くんだよ〜(T_T)
あんまり、遠くへ行っちゃだめだよ〜。
そこが安全だったら、そこにいたらいい〜。

でもね、病気を持ってるからなんて言う人の
所には行かない方がいいよ。
キミ達を待っている人が必ずいると思うから!

それにしても、何て可愛い兄妹なんでしょう・・・。
Posted by サスケのママ at 2010年05月08日 21:51
ダメです…泣きそうです。・゚・(ノД`)・゚・。

我が家のにゃんずとかぶって、号泣寸前ですー!
Posted by yuz at 2010年05月08日 22:10
大人って冷たいんですね。
子どもが仔猫を拾っても、大抵の大人はそう言います。
「偉いね。よく拾ったね」と言う大人はいないのでしょうか。
かわいそうに。
あまり遠くの危ない所へ行かないでね。
Posted by こまちょんた at 2010年05月08日 22:37
久しぶりの続きで前に戻って読み返しました。

今日買い物の帰りに猫をみました(夜)
まだ子猫、車から降りたら藪の方に逃げてしまいました。ガリガリではなかったので近くの家の子でしょうか。
猫を拾う時1番困るのが(迷うのが)病気持ってたらどうしようです。お母さんがだめです!っていうのわからないでもないけど決めつけなく立っていいじゃない!って思いますよね。
Posted by シロ at 2010年05月08日 22:46
(´;ω;`)

きっと素敵なおうちが待ってるよね。
二人一緒だから心強いけど、
手をさしのべてくれる人早く出てきてー。


以前近所の人が子猫を拾って ウチの子じゃないかとつれてきたことがありました。猫は何故かウチに問い合わせが・・・。弱っていて病気かなと。病院は終わっていたので預かって、きれいな子じゃなかったけど、夜は抱いて寝ました。でも、腕の中でだんだん冷たくなっていきました。助けられなかった・・・。
Posted by 猫にゃん at 2010年05月09日 08:32
どうかハッピーエンドになりますように。。。
ゴハンちゃんと食べさせてあげて〜。。。(涙)
それから、どうか兄妹一緒のおうちに行けますように!!

猫にゃんさん。とても辛いお話に涙が止まりません。きれいじゃないのに抱いて寝てくれてありがとうございます。きっとその子は最後に幸せを感じてくれたと思います。
Posted by 3にゃんママ at 2010年05月09日 20:30
  ☆  サスケのママさん

このふたりは病気なんかもってないよ〜
でも、現実には外で生活している猫は病気をもっている可能性はあるんですよね・・
それもひっくるめて愛してあげてほしいですよね。


  ☆  yuzさん

前にyuzさんのブログのなかで、そんなお話ありましたね。
ベランダで見ていたyuzさんがとんでいって保護した!
描きながら、yuzさんを思っていましたよ。


  ☆  こまちょんたさん


それです!
本当にそれですよ〜
そういって褒めてくれる母親がいてくれたら、なんて思いますね〜
本当にいないよね。
可笑しいですよー


  ☆  シロちさん

どきっとしますよね。
子猫をみかけると・・
保護して、そして病気を持っている・・・よくありますよね。
家に居る子にうつらないか・・まずは検査が必要ですものね。
一度、保護してどうしても助からない子で感染症のウイルスをもっていて、エイズの末期の子がいました。
店の裏で隔離して餌をあたえていました・・・が助かりませんでした。ただ飢え死にだけはしなかったと・・・



  ☆  猫にゃんさん

あまりにも切ないですね・・・
よくダッコして寝てくださいましたね・・・
本当に頭が下がるおもいです。
保護しても助からない子はいます・・でもダッコされて
の子は少ないですよ〜
本当にありがとう・・・そう思います。


  3にゃんママさん

そうですよね〜
幸せになってもらわなくてはね。
せっかく生まれてきたんだから・・・
猫や犬をみるたびに思います。
お話の中ではキット幸せになるために生きているんだってそんなんを描いてみました。  
Posted by ムクムク at 2010年05月10日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック