2010年04月26日

別れ

haha.jpg


母がなくなりました。

haha6.jpg

突然、母が亡くなったと兄から連絡がはいりました。

あまりに突然だったので・・・
少し調子が悪いわ・・ってこの間の電話では言っていましたが。

兄が訪れたとき、家の鍵はしまっていて、呼んでも出てこないので
窓から入ったら、母が布団の上で亡くなっていた・・・らしい。

haha3.jpg

兄のマンションから見た夜景

母は何日か前にはこの夜景を見ながら、兄たちに誕生日パーティーをしてもらい、焼肉をいっぱい食べていたらしい。


母は自分で葬儀の準備をしていたとのこと。
写真も兄に
「これベッピンサンに写っているから」と決め、兄は用意していた。
その上、葬儀会場も下見をして
「ここがええわ、ここで頼むわ」と自分の最後を迎える用意までしていたのです。
兄から
「お母ちゃんな、お前に指輪は全部、渡してくれっていっとったわ。
着物も好きにしてって。なんでも好きなものを持って帰ったって」
そう母は言い残していたらしい。


haha1.jpg

母は踊り、歌、なんでも達者に出来る人でした。
多くの仲間と毎日を楽しく生きていました。

いつも負けることがきらいで、気丈な人でした。
そして、明るく面倒見の良い人でした。


haha2.jpg


いつもいつも、私を愛してくれました。
私は5人兄弟の中の真ん中で女一人だったので母にとっても
最高の友達だったんだと思います。

haha4.jpg


おしゃれで粋で・・・
母は最期まで、粋に逝ってしまいました。
私に
さようなら
も言わず。

haha5.jpg

そして、私の
ありがとう
って言葉も聴かないまま。

母の一生
すばらしい一生だったんだと思います。
子供、孫、ひ孫にかこまれ、言いたいことをいい、やりたいことはやり


世界中で一番好きな人が居なくなってしまいました。

今頃、主人は母を途中まで向かえにきてるだろうなぁ〜
「お母さん、ちゃんと用意できてるで〜案内は任せてや、ほんでカラオケでも行こや、な。」
なんて言いながら母のたどりつくのを待っていてくれるのでしょうね。
ラベル:
posted by ムクムク at 10:09| Comment(13) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご冥福をお祈りします。
お着物や、装飾品を見ても、ムクムク様のおっしゃる通りの素敵なお母様だったんだなぁ〜と思います。
最期は誰にも何も言わないで逝かれてしまったとしても、別れが突然だったのも、きっと子供たちや周りの方に
迷惑をかけまいとしてのお母様の計らいだったのかも知れませんね。

今は、思い出に浸って、思う存分思いをはべらせて下さい。待ってます。
Posted by yuz at 2010年04月26日 10:51
この世でみんなから愛され、必要とされている人は向こうの人たちも来て欲しがるのでしょうか。
先を急ぐように行ってしまわれます。
お母様もきっとたくさんの人に呼ばれてたのでしょうねえ。
悲しいです。

見事なくらい潔い最期で、ご自身の生と死にしっかり向き合って過ごされていたのでしょう。
僕も死ぬ時は、お母様のように誰の手も患わさず、あっさり逝きたいと思ってますが、
いざそういう歳になった時に、ここまでできるかどうか・・・。

お母様、そちらでも楽しく過ごせるようお祈りしております。
娘はんに会えんでさみしいかと思いますが、間違ごうても呼ばんといたってくださいね。
お願いします。
Posted by 板金小僧 at 2010年04月26日 17:01
びっくりしました・・・。
ここ、数日更新がないので、もしや・・って、
思っていた矢先です。
確か、この間、お母さまへの思いを、
コメントか何かで、聞いた事がありましたね。
お元気そうで楽しそうなお母さまだな・・って、
羨ましかったのに。
母親って言うのは、本当に特別な存在で。
今も、母とサスケと、失った寂しさ、
感じる事が、まだまだ沢山あります。
ムクムクさんは、この世で、ご主人さまと、
お母様と、見送った猫ちゃんワンちゃんが、
残してくれた「生」を、一杯一杯、
生き抜いて下さい。

月並みですが、お母さまのご冥福を、
お祈りしています。
Posted by サスケのママ at 2010年04月26日 17:41
お母様のご冥福をお祈りいたします。
とても素敵なお母様ですね。
ムクムクさんのことをずっと見守っていてくれると思います。
突然のことでお気を落としのことと思いますが
お体にはお気をつけてお過ごしください。

Posted by 猫にゃん at 2010年04月26日 20:52
お悔やみ申し上げます。
いまは他に言葉がありません。
Posted by Take at 2010年04月26日 21:05
素敵なお母様でしたね。
ムクムクさんが猫や犬を可愛がるようになったのも
きれいな草花に心を寄せるようになったのも
きっとやさしいお母様のお人柄を受けついだからなのでしょう。
ムクムクさんがどこにいても、お母様はこれからもずっと
見守ってくれると思います。
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
Posted by ヤーダ at 2010年04月26日 21:32
なんと言っていいか。どんなにお辛いことでしょう・・
何も言えず申し訳ありませんが
ムクムクさん。御身体気をつけてくださいね。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
Posted by きょーこ at 2010年04月26日 23:33
おしゃれで素敵なお母様だったのですね。
ムクムクさんがセンスがいいのはお母様譲りだったのでしょうか。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
Posted by りき at 2010年04月27日 00:04
ほんとうに、何と言ってよいのか…。

お母さまは苦しい思いをなさらなかったのではないかと推察しますが、ムクムクさんはどんなにお辛いことでしょう。

お美しい立ち姿。お着物の色合いもはんなりしたとりあわせですてきです。ご自分の身の始末までしっかり決めていらして、かっこいい。さぞかしご自慢のお母様だったのでしょうね。

ムクムクさんは日頃徳を積んでいるから、お母様にあちらで楽をさせてあげられるんじゃないかと思います。
Posted by MMMinMcity at 2010年04月27日 02:33
遅くなってしまいました。
しばらく更新がなかったので、どうされたのかと
気にはなっていたのですが・・・
とても素敵なお母様だったのですね。
本当にお辛い事と思います。
何と言って良いのやら・・言葉が見つからないのですが・・
お母様はムクムクさんの事をいつでも見守ってくれていると思います。
どうぞ、お身体大切になさって下さい。

お母様のご冥福をお祈りいたします。
Posted by chibiani at 2010年04月27日 22:10
ムクムクさん
なんてことでしょう
お気持ちお察しいたします。
私も一人暮らしの母が心配で、こういう状況がくるのをいつも思っているので・・・
でもお母様、最後までやりたいことをやって、きっと納得のいく一生をお過ごしになったと思います。
よいご家族に恵まれて、それがなによりですね。

ご冥福をお祈りいたします。

そして、ムクムクさんのお気持ちが早く落ち着かれますように。
Posted by tieta4u at 2010年04月28日 00:41
ご冥福おお祈りします。元気出して、頑張りましょう。ファイト。
Posted by バカボンの子供 at 2010年04月28日 08:04
  ☆  yuzさん

ありがとうございます。

おっしゃってくださった通りなんだと思います。
母はプライドの高い人でしたから、きっと誰かの手を煩わすことをしないように思っていたのでしょうか。
「お母ちゃん」はやっぱり子供にとって最高ですよね。


  ☆  板金小僧さん


ありがとうございます。

母が逝ってしまい、私も色々と考えてしまいました。
しかし、私はまだまだ逝けませんよね(笑)
沢山の扶養家族がありますから。
しっかりと頑張らないといけませんよね。
母の愛に、ただただ感謝しています。


  ☆  サスケのママさん

ありがとうございます。


ええ、いまさらながら、母って特別なんだなぁ〜って思います。
大の仲良しで、大阪に居た時は毎朝、近くの喫茶店でモーニングを食べコーヒーをのんで過ごしたのもでした。
いつも母のおごりで。
そんな母が良く「田舎ぐらし」を許してくれたなぁ〜って思います。淋しかったんだろうなぁ〜って。



  ☆  猫にゃんさん

ありがとうございます。

たぶん、私を見守ってくれているでしょうね。
大好きな母がいないって・・やっぱり淋しいですね。
でも、くよくよしるのが嫌いだった母に負けてはいられませんよ。
私のとりえは元気な事ですから(笑)



  ☆  Takeさん


ありがとうございます。

どこかで予感はあったんですが・・・
やはり、きついですね。
母はやっぱり母らしく逝きましたね。



  ☆  ヤーダさん


ありがとうございます。

ヤーダさんも2年ほど前にお父様とお別れされたんですよね。
自分の両親が・・もうこの世には居ないって考えると、本当に淋しいですね。
でも、がんばってやらねばならないことが有ります。
前に進んでいくしかないのですよね。
そして、母が見守ってくれていると信じています。



  ☆  きょーこさん

ありがとうございます。

あるお寺の前に

「生は偶然  死は必然」

なんて書いてありました。

生まれてくるのは、色んな偶然から・・・
しかし死は必ずやってきますよね。
それをしっかり受け止めなくてはいけないんですよね。
その言葉がっず〜っと心の中にあります。



  ☆  りきさん


ありがとうございます。


母は本当に粋な人でしたね〜
私は勝てそうもないけど・・
でも、くよくよはダメですね。
いつかは訪れることなんですからねー
前進しなくちゃ〜扶養家族が待っているもんね。



  ☆  MMMinMcityさん


ありがとうございます。

そうなんですね〜
なにもかも自分で段取りしてたんです。
兄に聞いてびっくりしました。
そんな母を誇りに思っています。
でも、ちょっぴり弱音をはいて私に甘えて欲しかった・・
なんて思うんですよ。



  ☆  chibianiさん


ありがとうございます。

母の子供でよかったって思っています。
大好きでしたよ。いくつになっても母を頼りに思っていましたから。
淋しいものですね。
でも、おっしゃってくださってるように母が見守ってくれていると思いますよ。


  ☆  tieta4uさん


ありがとうございます。


私もtieta4uさんのお母様のお話を読んで、母のことを思いました。
すごくお母様を大切にされているのを読みながら、心配されている事がすごくわかりました。
遠く離れているって、、本当に心配ですよね。
母は納得のいく人生を送ってくれたと考えるようにしました。
これは避けて通ることの出来ない事なんですよね。



  ☆  バカボンの子供さん


ありがとうございます。

そうですね。
元気出してがんばりますね。
それが一番ですよね。

Posted by ムクムク at 2010年04月30日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック