2009年06月30日

空飛ぶ青い猫 三話(night raibow) 9 10

あえたね.jpg


ちびたちゃんとシャー坊は嬉しい再会をする事が出来ました。
もう楽しくってなりません。
ふたりの間には離れていた時間を感じる事もなく、手をつなぎかけつこをしたり、花を摘んだり一緒に生活していた日々に戻ったみたいでした。
「ちびたねーちゃん、シャーちゃんがいないのでとーちゃんやかーちゃんの言うことちゃんときいてくだしゃいよ。でないと、とーちゃんやかーちゃんが困りましゅよ」
「あはっ、」
「それとね、あんよ、ナメナメしすぎちゃダメでしゅ、めっ!でしゅよ」
「あはっ、しってるのなの?」
「シャーちゃんはいつも、ちびたねーちゃんの事虹の上からみてるでしゅよ」
「へ〜そうなのですか〜」
「ちびたねーちゃん、この花をとーちゃんとかーちゃんに渡してほしいでしゅよ」
「プレゼント?」
「そうでしゅ、とーちゃんとかーちゃんに言っておいてくだしゃい!
シャーちゃんはず〜とず〜と、大好きでしゅよ〜って言ってくだしゃいね。そしてアイしてましゅ!って」
「うん、言っておくなのよ。シャー坊がそう言っていたって言うなのよ」
ふたりのお話はつきません。
でも、時間はもう少ししか残されてません
「ちびたお姉ちゃん、シャー坊と別れの時がきましたよ」
なごりおしい気持ちはキッイちゃんにも分かりますが、もう急がないといけないのです。
「ちびたねーちゃんの別れでしゅね」
「うん、シャー坊、おわかれなの、お花をキット渡しますなのよ」

手を振るシャー坊の姿が小さくなり見えなくなってしまいました。
ちびたちゃんはポロポロと涙をこぼしました。
そしてキッキちゃんの手をしっかりと握りしめました。




かえってこない?.jpg


そのころ、ヤーダ君とやなぎちゃんは虹の橋を架ける用意をしていました。

「そろそろ時間だね。やなぎちゃん、ハートをなげる事ができるかな?」
「うん、大丈夫でしゅよ〜ボクはアシデトマイなんでしゅからね!」
「なあ、大丈夫だよね」
ヤーダ君はやなぎちゃんに黄色いハートを渡しました。
キッキちゃんから預かっているハートをなげる時間がやってきました。
「ぼくがよしって言ったら、やなぎちゃんはそのハートを思い切り上に投げるんだよ。ぼくはこの、青いハートと赤いハートを投げるからね」
「うん、じゃーちびたお姉ちゃんから預かっているこの首輪も投げましゅか〜?」
「その首輪はなげないよ、ちびたちゃんが帰ってきたら首に着けるんだからね。それまでやなぎちゃんが着けていてあげてね」
「そうなんでしゅか、早く帰ってきてくだしゃい」
「じゃーいくよ〜!一、二、さ〜ん!」
三つのハートは月の光を浴びて空にあがっていきました。

月が出ている逆の夜空に大きな虹の橋が架かりました。
「さあ、キッチちゃん、渡っておいで」
「しゃ〜わたってくだしゃい」
ふたりは大きな声で叫んでいました。
しかし、キッキちゃんとちびたちゃんの姿は見えてきません。
虹の橋の色はだんだんと薄くなってゆきます。
それでもキッキちゃんとちびたちゃんの姿は見えません。

ふたりは、呆然を月を背に砂浜にたたずんでいました。
ヤーダ君はガクッと膝をついてしまいました。


  つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちびたちゃんとシャー坊の再会は感動的でしたね。
でも、また別れなければならないなんて・・・。
二匹が別れを惜しむ様子を見て、キッキちゃんは早く帰ろうとは
できなかったのですね。
さあ急いで、キッキちゃんとちびたちゃん。
Posted by ヤーダ at 2009年07月01日 08:53
ちびたとシャー坊は ついに再会を果たすことが出来たのですね〜(T▽T)♪
楽しく会話も弾んだようで本当に良かった!
でも楽しいひと時はあっと言う間なんですね。
お別れのシーンは涙なしではいられませんでした〜(;_;)
でも、ヤーダ君とやなぎちゃんが夜空に虹の橋を架けてくれたのに
キッキちゃんとちびたはどうしちゃったのでしょう?
早くしないと虹の橋が消えちゃうよ〜
も〜ハラハラドキドキですぅ〜(・・;)
キッキちゃ〜ん、ちびた〜、早く早くぅ〜〜!!
Posted by chibiani at 2009年07月01日 14:27
ちびたちゃんとシャー坊、2人でとっても幸せそう。
周りのお花達もうれしそうです。
でもすぐに帰らなければいけないなんて
わかっていたけど哀しいです。

やなぎが黄色のハートをなげる大事な役をするなんて
「えーっ」と思いましたが、上手に投げられたみたいで
ほっと一安心。
でもキッキちゃんとちびたちゃんは
渡ってこないなんて・・・。
やっぱり投げ方が悪かったのかしら?

やなぎは未成年でもちゃんとした大人がいれば
夜遅くても大丈夫ですよ(笑)
ヤーダ君、よろしくね。
Posted by りき at 2009年07月01日 16:42
初めまして!コメントありがとうございます。
こちらへ来てみて、あぁぁ〜!と、
声が出てしまいました。あのちびシャーちゃんが
出ているというお話の作者さんなんですね!
今日のお話も、読んで、何だか嬉しくなりました。
こんな素敵なお話、絵。
登場する子達のお話も、これから、きちんと、
読んでみたいです。

とっても、訪問うれしく思います。
ありがとうございます。

また、コメントさせて頂きたいと思います♪
Posted by サスケのママ at 2009年07月01日 20:38
  ☆  ヤーダさん

もうすぐこのお話もおわります、ヤーダ君には色々とお手伝いをしてもらってよろこんでます。
また、いつかやーだ君を引っ張りだす事があると思いますがよろしくね。
タマちゃんにもよろしく言ってきださいね。


  ☆  chibianiさん


ちびたちゃんに辛い目にあわせてしまって・・ごめんなさいね。
大好きなちびたちゃんのお話を描く事が出来て本当に楽しいし、うれしかったですよ。
ちびたちゃんの可愛らしさを上手に表現するのは難しかったですが・・。
もう少しでこのお話も終わります。
もう少しだけドキドキしてくださいね。



  ☆  りきさん

あ、ありがとうございます。大人がついていれば大丈夫ですよね〜
なやぎちゃん、ちょっと寝不足になってますが・・
もしお家に帰る事が出来るようでしたら労ってやってくださいね。


  ☆  サスケのママさん


こちらこそありがとうございます。
ちびたちゃんのところからいきなりお邪魔しちゃいました。
サスケちゃんの顔がなんともいいです!
昔、外猫でマリオって子がいたのですが・・似てます。鼻のまわりが。
スーパーマリオのヒゲみたいだったのでマリオって呼んでいました。
サスケちゃんの顔が好きです。
また遊びに行かせてくださいね。
Posted by ムクムク at 2009年07月01日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック