2009年05月04日

チャトーの反撃?

チャトーは.jpg

チャトーは枯草が気にいったようで・・


チャトーは1.jpg

ほいっほいって枯草で遊んでいますが・・


チャトーは2.jpg

ううんん!
なにか殺気が・・・
モッチです!
殺気の先は・・モッチの視線!  いやな予感

チャトーは3.jpg

ああああ〜やっぱり〜


チャトーは4.jpg

チャトーは5.jpg

チャトーは6.jpg

我慢もここまで!
チャトーの反撃が始まりました。

チャトーは7.jpg

チャトーの抑えつけられ、そのまま逃げられていまったモッチは悔しそう。
このあと、またまたレスリングが続いたのです。

でも、こんなに暴れていても爪を立てないでいる事に感心しています。
posted by ムクムク at 22:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけつかみあいして、爪をたてていないというのはちゃんと家族という意識があるんでしょうね
偉いなー

ん?

どうしてうちのは私たちと遊ぶときに爪をたてるんだろう??
Posted by tieta4u at 2009年05月05日 06:20
私も手に引っかき傷や咬まれた痕があります。
比較的最近は少ないほうですが、半分はシミとして残ったものです。
ムクムクさんも気をつけてください。

風ちゃんは虫歯ではなく、口内炎なのですね?
私も、口内炎(歯肉炎)がある猫を見かけますが、
結局ひどくなると消炎剤か抗生剤での対症療法しかないようですね。
外傷性の口内炎なら完治しやすいと思いますが、加齢や免疫性の
病気が原因になっている場合は完治が難しそうです。
悪化させないようにしてあげることが一番かと思います。
風ちゃん、早く普通に食べられるようになるといいですね。
Posted by ヤーダ at 2009年05月05日 09:20
こんばんは。
シャーはもう塀の外に出ることは諦めたのですか?
Posted by Take at 2009年05月05日 20:59
  ☆  tieta4uさん

ええ、偉いなぁ〜っておもいます。
ティエタちゃんの場合は・・やはり女王様ですからね、しもべに対しては手荒いのでしょうね。(笑)
・・・たぶん・・?


  ☆  ヤーダさん

私もこの間、保護している猫に思いっきり指と指の間をかかれました。病院で抗生剤をもらってのんでいます。(この猫はウイルス性の病気をもっているので危険です。)
餌場で隔離して餌をあげているのですが、油断しました。
可愛そうにダンボールに入れられ捨てられていました。目が見えないようで・・鼻からも血膿のようなのがず〜っとでています。
クリスマスイブに捨てられていてので「イブちゃん」ってよんでいます。
少しだけ元気?になってきたような・・・。

風ちゃんはたぶん免疫力がおちているようで・・・
本当に大変な病気みたいです。
心配な事が多くって・・・


  ☆  Takeさん

とんでもないです!
シャーは諦めてはいませんよ。
隙あらばってねらっています。  が、一時の事を思うと少しは我慢してるのかもしれませんね〜。
Posted by ムクムク at 2009年05月05日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック