2009年02月14日

う、うん 逃げられたの・

!.jpg


うわぁ〜鳥? 鳥がいる・・・

!2.jpg

・・・・

!3.jpg

・・うそ〜・・・なんで・・

ZZZ.jpg

お外では残念でしたが・・そんなことは忘れました。

気持ち良さそうに寝んね。
ラベル:
posted by ムクムク at 22:39| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モッチちゃん、また?
モッチちゃんが本気でも、鳥からまた遊ばれちゃったんだよ。
でも何度も繰り返しているうちに、こりゃあ危ないって
鳥が警戒するようになるかも。その頃はもうモッチちゃんは
本当のおとなの猫になっているんだろうね。

話がそれますが、先月新幹線車内にあった雑誌を読んでいたら
中に内館牧子さんがしんみりとする話を書いていました。
それは、友人が犬吠崎で見つけた子猫の話でした。
衰弱した子猫はその後友人宅で一命をとりとめ
犬吠崎に捨てられていたので「イヌ」と名づけられ元気に育ったそうです。
そのイヌがある日、友人の目の前にネズミをくわえてきたんだそうです。
友人は驚いてイヌに何か言ったらしいのですが、その後イヌは庭にそのネズミを
置いて走っていったそうです。その日以来、イヌは帰らなくなったと。
あとになって友人は、あのときイヌは「ほら、僕はもうネズミを捕れるくらい
おとなになったんだよ、心配いらないよ」と言って、育ててくれたお礼にネズミを
置いていったんだと理解したんだそうです。

私の記憶ですので、内容は正確ではありません。
雑誌は「トランベール」というJR東日本の月刊誌です。
長文、ごめんなさい。
Posted by ヤーダ at 2009年02月15日 09:50
モッチちゃん、残念でしたね〜。
鳥さんの方が1枚上手なのかもですね〜ヾ(^^;)
でも そんな事はなかったかのようなその大胆な寝相!(笑)
スーパーニャンになって鳥さんと空を飛んでる夢でも見てるのかな?
風ちゃん、重そうだけどね(笑)
Posted by chibiani at 2009年02月15日 15:26
 ☆ ヤーダさん 

猫なのに「イヌ」ってユニークな名前ですね。
お礼にネズミ・・私もそうだと思いますよ。
きっと、お別れの挨拶に来たのでしょうね。そういう事ってあると思いますよ。猫にも心がありますから、きっと精一杯の感謝の気持ちをその人に表わしたのでしょうね。ステキなお話ですね〜
我が家の子たちは・・・う〜んどうかな?



 ☆ chibianiさん

ええ、きっと楽しい夢でも見ているんでしょうね〜
楽観的なモッチはいつも楽しい夢をみて寝てるのかしらって思うほど大胆な寝像ですよ。
猫の寝顔は素敵ですよね。嫌な事を忘れさす魔力があります。
風はあのまま耐えてました(笑)
Posted by ムクムク at 2009年02月15日 22:53
猫さんのこうゆう無防備なお姿は大好きです♪
モッチちゃんかわゆ過ぎです(*^-^*)
お腹に顔を埋めてモフモフした〜い!!

鳥さんは残念!!
又次に頑張ろうねp(^0^)q
Posted by 姫ハックン☆ at 2009年02月17日 12:48
 ☆ 姫ハックンさん

こんなに無防備でいいのかな〜モッチはいつも誰かに助けてもらえるって思っているのかも。
それとも、怖さより好奇心のほうが勝っているのかも?でもドンクサイ(笑)
おかげで鳥さん、助かってます。
Posted by ムクムク at 2009年02月17日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック