2008年10月30日

縁側は暖か

チャトーと縁側.jpg

朝日が縁側に入り込み、日向ぼっこの時間です。

太郎とあいさつ.jpg

モッチは外の犬ハウスの太郎とご挨拶です。
太郎は羨ましい顔してモッチを見ていました。

おはよう.jpg

おはよう〜。風ちゃんは椅子の上でゴロンゴロンしながらご挨拶です。
ゴロンしすぎて椅子から落ちた。が、何事もなかった顔してまた椅子の上に・・・。

あいさつ.jpg

シャーちゃんがやってくると、チャトーは一番に挨拶に行く。
チャトーが一番礼儀をわきまえている??

寒い日の昼間はこの縁側の密度が高くなります。
ラベル:
posted by ムクムク at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風、落ちたんかw
縁側は楽しそうな集会場ですねー。
Posted by Take at 2008年10月30日 23:47
縁側いいですねー。つくづく優れた作りだと思います。猫がいるとさらにうらやましい空間です。
僕も中古ハウスを探すときに縁側つきも候補に入れてたのですが、比較的築年数の浅い家には縁側がついてなくて、あきらめたんです。

と、ところで、大変しつこいのですが・・・もう一度質問させてください!
なぜ、猫と落ち葉の境界があんなに自然な感じになるの??
「ペイント」では無理ですか?
先日、着衣の模様の関係で苦労したこともあって、たいへん興味があります。なにとぞご教示願います。
Posted by かに at 2008年10月31日 06:16
ムクムクさん、こんにちは。
縁側いいですね〜。
干したてのふかふかのお布団が取り込んであったりしたら
もう、天国ですね♪

私の実家にも縁側がありました。
遠くに牛の鳴き声を聞きながら、
ぽかぽかの午後、おまんじゅうをほおばりながら
ぽーっかり浮かんだ雲を眺めていた学生時代が
昨日のように思い出せます〜♪
Posted by ふうたん at 2008年10月31日 10:21
Takeさんこんにちは。
風はいつもカメラを向けるとゴロンゴロンします。
当然、椅子の上からは落ちる宿命なんですよ。
その計算もしないでゴロンする風って可愛いですよ。 縁側・・いいですよ。
Posted by ムクムク at 2008年10月31日 13:36
カニさんこんにちは。ぜひ、縁側のある家にも住んでみて下さいね。

例の写真ですか。うまく説明できないかも知れませんが・・・。

まず、バックにしたい物(落ち葉)を複合機に並べスキャンします。パソコン内に保存。
次に、猫(私の場合は)の写真をホトショップから出し
スタンダード編集をクリック
レイヤーの背景をWクリックして鍵をとる
上に表示されているレイヤーをクリック、複製OK
レイヤー0の目を消す。
写真の中の猫を 多角的ツールで囲む 選択範囲をクリック 反転して猫が残るようにする
DELボタン Ctrl押しながらDボタン
消しゴムをクリック、(レイヤーを新しく作る)
残した猫の切り取り口を拡大しながら、消しゴムツルーで消す。
次にスキャンしてあった(落ち葉)と合わす。保存先のファイルを開き、レイヤーを作る。
白バックの場合は、消しゴムツール(ひかり印の)で白いところをクリックして消していく。
丁寧に。
保存してある猫の写真を出し落ち葉の上にのせ、色を考えて・・・・。
ごめんなさいね。
うまく説明できませんね〜。

人に伝えるための説明書、ってうまくできてますよね。いまさらながらそう思います。
Posted by ムクムク at 2008年10月31日 14:11
ふうたんさん、こんにちは。
ふうたんさんの子供の時ってどんな子だったのかな〜なんて想像してます。
縁側でランドセルを投げ出したまま、昼寝なんかしていませんでした〜。口をあけておやつの夢なんかみながら・・・。
お母さんが帰ってきて起こしてもらってたりして・・なんて勝手に「縁側と女の子」の物語を作ってしまいました。
きっと元気なかわいい女の子で、負けん気も強い子だったんでしょうか。

縁側だけで色んな想像ができ楽しいですね。
Posted by ムクムク at 2008年10月31日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック