2011年11月17日

悲しい事件を無くすことは出来るのだろうか!

今日、仕事中にふたりのブログ友より2件のメールがありました。
2件とも同じ内容でした。



猫が虐待されていた。
そして犯人は逮捕されたが・・・その内容はあまりにも残虐でした。

こんな犯人は器物破損の罪だけなんですよね。
なんとか動物の法律を改正したいと戦っておられる方々がいます。



そしてメールのお願いとして
【拡散希望】2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可
https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934

記入フォームはこちら です。

※この記入フォーム は内閣府承認団体である公益財団法人どうぶつ基金が制作管理しています※このフォームによる意見提出 が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
公益財団法人どうぶつ基金は1988年に設立された「行政による犬猫の殺処分ゼロ」をめざす日本で唯一の公益財団法人です。

こんにちは、公益財団法人どうぶつ基金(内閣府承認)理事長の佐上邦久です。
本日は、あなたに緊急のお願いがあります。
今、環境省が動物愛護管理のあり方について私達の意見(パブリックコメント)を2件求めています。

私たち国民が法案改正について直接意見を届ける事が出来る、5年に1度しかないチャンスなのです。
そこで是非あなた様から環境省あて意見を送付していただきたいのです。
やり方はカンタンで、下記の空白を埋めて送信ボタンを押すだけです。どうか声なきどうぶつ達のために、あなたの貴重なお時間を少しだけください。

※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
※下記のフォームでチェックを入れた意見があなたの意見(パブリックコメント)として環境省に送られます。(メールの差出人はこのフォームにあなたが記入したアドレスになります。)異なる意見の場合は上記環境省HPを参照して直接お送りください。
https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934


詳しい内容は「四次元ポケマスター正義のブログ」で公表されています。




私には理解できません・・弱い生物を虐待する人の心が。
どこで歪んでしまったのでしょうか。
この事件の内容は読むと吐き気がするので深く読むことは出来ませんでしたが、このような輩を許すことは出来ないと感じています。


少しでも、少しでも弱い生物が助かり、こんな歪んだ心の人が現れないように祈るしか出来ません。

ラベル:虐待
posted by ムクムク at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。