2011年10月07日

三回忌でした

P1160786.jpg

昨日は主人の三回忌でした。

突然の驚きから
まる2年たったのです・・・

ほんと、突然が多すぎて

よく乗り越えたなぁ〜って思います。


P1160787.jpg

いつまでも泣いていられない性分なんでしょうね(笑)

前にしか進めない(猪かい?)

そんな中、やはりここで皆様に励まされ、頑張ってこれました。

今では主人のマイペースでおちゃめな出来事を思い出しては笑い話となっています。


お話(実話)

あまりにも店の周りの草がのびているので

ムクムク 「ちょっと、草かってよ」

主人   「秋になったら、枯れるから」

ムクムク 「・・・・」


しゅがないので私が草刈機でかりだしました。

お客さん 「え〜奥さんが刈ってるの?」

主人   「そうなんや、こいつ、草刈が好きなんや」

ムクムク 「なんでやねん」


私が草を刈ってる後ろからついて歩いて、


主人   「上手やなぁ」


ムクムク 「我が家は力仕事は女、子供がするんです」


主人   「ほんま、ほんま」


お客さん 「へぇ〜羨ましい」


ムクムク 「なにが?」(かなりキレてる)

こんな主人のおかげで、草刈機を使えるようになってます♪


第二話(実話)


裏に杉の木の林があるのです

ムクムク 「杉の枝を払わないとね。どんどん伸びてるよ」


主人   「そうやなぁ〜こんなに手入れが必要なら林を買わないでおけばよかった」


ムクムク 「せっかく、枝をはらえるノコギリを買ったんだから、ちょこっとだけでも払う?」


主人   「おお、そうやな〜払うか!」


ムクムク 「用意するね」


私、長靴、帽子、手袋着用!!

主人   「先にしとけば、俺・・いまからシャワーをあびるわ」


ムクムク 「?????」


そこで私はキレる。


ムクムク 「作業が終わってからです!シャワーは!」

この林は、杉を切り倒し、根っこは重機でおこして、今は畑となり、知り合いの方に使っていただいてます。


毎日、こんな調子で生活をしていました(笑)

しかし、やはり肝心なときには出動してくれてましたよ〜(笑)

それと、とにかく私を褒めちぎる人でした。

主人の友達にも、いつも私の自慢話でした。
「うちのは、ほんま美人やろ?いやいや、若い時なんか、びっくりするで!」
「なにをやらしても、凄いで〜」
「どや、美味しいやろ?」

それに、私がなにかを作ると、必ず

「すごいなぁ〜天才やで」

そんな主人に褒められ、おだてられ、今の自分があるのかなぁ〜なんてこのごろ思います。

人生の中で主人ほど、私を理解して褒めてくれた人はいないだろうなぁ、そんな人が近くにいないのはやはり淋しいですね(それかい!褒められたいのかい?)


三回忌を迎えて、面白い話をいっぱい思い出しました(爆)


P1160850.jpg


まぁ〜どこかで主人はみてるでしょうね〜

「そんなことばらすな!」なんて言いながら・・

ラベル:三回忌
posted by ムクムク at 09:37| Comment(12) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。