2009年08月31日

空飛ぶ青い猫 五話(夢編)8 9

はしゃいで.jpg

今日でみんなとお別れなのです。
でも、さんにんは思いっきりはじけています。
もう三人で遊ぶ事もないでしょう、そう思うと悲しんでなんかいられません。
良い思い出を作るために、これでもかって感じのはしゃぎぶりなんです。
あまりの賑やかさにママは気になって部屋を覗いてみました。
本当にみんな仲良くはじけています。
「あらら・・なにがそんなに楽しいのかしら?サスケちゃん、新しいベッドを用意してますからね〜ちゃんとそこで寝んねするのよ〜みんなも
いいかげんにして寝んねしなさいよ〜」
マアの声は聞こえてはいるのですが、みんなは聞こえにふりをしました。
サスケちゃんはママの顔を振りかえってみました。
「聞こえているなら返事は〜もう〜はしゃぎすぎなんだから・・ママは先に寝ますよ。早く寝んねしなさいよ〜」
ママは嬉しくってしょうがありません。
こんなに楽しそうな子たちをみる事が出来て。
ママが部屋から出て行くと、急にサスケちゃんのテンションは下がってしまいました。
涙が不覚にも零れてしまったのです。
もう、限界です。はしゃいで自分を誤魔化していたのがポロポロと崩れてしまったのです。
みかんちゃんの瞳は涙が溢れて今にも零れそうです。
こてつちゃんはぐっと我慢をしています。
「ママがさ〜サスケちゃんのベッドをね、新しいのを用意したのだって・・」
「しょうがないのよ、もうサスケちゃんは行ってしまうのだから・・
ママ、泣くよね。ベッドに一度も寝んねしないで行っちゃうんだよね」
みかんちゃんは涙をこらえる事は出来ません。
二度もサスケちゃんとの別れをしないといけないのですから。



虹色.jpg


そんなさんにんのところに、キッキちゃんとヤーダ君がやって来ました。
ヤーダ君はぎりぎり間に合ったようです。
「サスケちゃん、そしてみかんちゃん、こてつちゃん、大切な話があるの、よ〜くきいてね」
「これはヤーダ君がアルプスから持って来てくれた虹色のハートなの、今からこの家を、この虹色のハートで染めてしまうの」
「どうして・・染めちゃうの?私やサスケちゃん、こてつちゃんも染まっちゃうのでっすか」
「いいえ、あなたたちは染まらないところに移動してもらうわ、そしてお家が虹色に染まったら、サスケちゃんは私たちと一緒にここから消えて行きます。サスケちゃん、分かってくれるわね」
「うん、楽しかったよ、幸せだったよ〜あとはママの事が気になるだけだよ」
「大丈夫だよ、キッキちゃんはママが泣いたりしないようにちゃんとやってくれるからね。安心していいよ」
「ありがとう、ぼくの我儘をきいてくれて」
「お礼は後よ。じゃ〜そろそろ始めましょうか・・時間がないから」
ヤーダ君はみんなをお家の外に連れ出しました。
「ヤ〜ダ〜君〜始めるよ〜」
キッキちゃんの声が聞こえると同時にママのお家が虹色に染まり出しました。
そして虹色は光輝くと小さくなり、す〜っと色が消えてゆきました。


  つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

猫だんご、ダンゴ

ネコだんご.jpg



ネコだんご1.jpg


子にゃんこたちは

モッチと春に守られています。

いつも、どちらかが一緒に居てくれています。

モッチが疲れると、春が交代で子守をしている。

どういう事なんでしょうか?

まるでお父さん、お母さん状態なんですよ。

そして・・・猫だんごになって寝んね。


ネコだんご2.jpg


庭に出ても

モッチが子猫の世話係です。

ネコだんご3.jpg

春は控えです。

いつモッチから交代の要請があるかもしれませんからえね〜

ネコだんご4.jpg


チャトーは我関せず。

子守係のモッチは今日もふたりのお世話で忙しいようです。

不思議なんです。
それぞれ、別々環境のなかで生まれ、育つた子たちなのに、教えたわけでもないのに・・・弱い、小さい子たちを守る事が出来るのですよ。
それも、まだ一歳のにゃんこたちが・・。
動物の持っている愛情ってスバラシイ!って感じます。
人間も負けちゃいられませんよね。
ラベル:
posted by ムクムク at 23:20| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

空飛ぶ青い猫 五話(夢編)6 7

あるぷす.jpg

アルプスの山を望みながらヤーダ君は日本に向かった帰っているところです。
アルプスに居る、キッキちゃんのおじいさんから虹色のハートを預かって帰る途中なんです。
もう一日と半分が過ぎてしまいました。
大急ぎで帰らなくてはならないのです。
アルプスの山々にはもう秋の気配がしています。
ヤーダ君が受ける風は冷たくなってきています。
「ああぁ〜秋なんだ!ここはもう秋がきているのだな〜」
日本を出た時は照りつける太陽とセミの鳴き声に見送られたのに、さわやかな風がアルプスを駈けています。
「たぶん、この辺だろうなあ〜キッキちゃんが友達になったって言う、
お転婆姫のテイエタちゃん(二話 アルプス編)が住んでいるのは・・・ぼくも会ってみたかったなぁ〜」
そうなんですね。
この山の麓にはあのティエテちゃんが今日もお父さんとお母さんを下僕として元気に生活している所なんです。

そんなことを考えながらヤーダ君はアルプスの山を越えて、日本で待つキッキちゃんのところまでと急いでいます。



窓.jpg


もう二日目の夜がやって来ました。
サスケちゃんは思う存分、ママやおとんに甘えました。
みかんちゃんやこてつちゃんとも遊びました。
もう明日は帰らないといけないのです。
三人は窓から星を眺めながら明日はお別れなのだとそれぞれも思いを内に秘めています。
そんなとき、キッキちゃんが窓の外にある木の枝に降りてきたのです。
「サスケちゃん、楽しんだ?」
「あ〜!キッキちゃん、ぼく幸せだったよ、みんなに会えて、ママにも抱っこしてもらったし」
「良かったね。明日はお別れなのね・・」
「うん、ありがとう!これでもう本当に世界一の幸せ猫になれたよ」
「そうだよね、あとはママがサスケちゃんがいきなり来て、そして消えてしまった事のショックを和らげる事がサスケちゃんの希望だったよね〜」
「あの〜ぼく、こてつって言うのですが・・じゃー、じゃーサスケお兄ちゃんが帰らないでここに居ればいいですよね」
「こてつちゃん、これは決まり事なの、決まり事を破ると、今度は誰も帰ってこれなくなるのよ。それにね、もしサスケちゃんが帰るの嫌だって言ったらね、みかんちゃんかこてつちゃんが変わりに帰らないとダメなんですよ。みんなの為にもこの決まり事は守らないと・・・」
「そうなんだよ。だから、今回ぼくも帰ってこれたのだよ〜今度はぼくの姿ではないサスケが帰って来て、みんな事の見にくるよ」
「そんなんですか・・・・」
サスケちゃん、偉いね。
あと一日となってしまったけど、思う存分楽しんでね。


  つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 11:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

夏と秋の狭間

ルドベキヤ1.jpg

  ルドベキヤ

久しぶりに山の公園に行きました。
暑い夏を感じさせる花が出迎てくれました。


さわきょう.jpg

サワギキョウ

ああ〜秋が来ているって思わす花が咲きだしているのですね

秋色を探してみると・・・

みやこわすれ.jpg


有りました!
ミヤコワスレです。優しく可憐に咲いています。

やまぼうしの実.jpg

ヤマボウシの実も赤く色づき始めてます。


赤とんぼ.jpg


赤とんぼも見つける事が出来ました。

秋はもうそまで来ているのでしょうね。




モッチとロッシ.jpg

我が庭にはまだ秋の気配はありません。

もう少ししたら涼しい風が吹くからね・・・我慢ですよ〜

ラベル: 田舎暮らし
posted by ムクムク at 17:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ムクムク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

空飛ぶ青い猫 五話(夢編) 5

握手.jpg


そのころ、ママはサスケちゃんをみかんちゃんとこてつちゃんに紹介していました。
みかんちゃんにはこの子がサスケちゃんだと分かっていました。
「あのね、みかんちゃんサスケちゃんに似たサスケちゃんなのよ、う〜んぜったいサスケちゃんなの・・良かったよね〜久し振りに会えて・・
それから、この子はこてつちゃんなのよ」
ママのそんな紹介は必要がありませんでした。
猫たち同士でもう紹介が始まっていました。
「あの〜こてつ、これがあの噂のさすけちゃん、どうしてここに居るのかはよ〜く聞いてみないと分からないけどね・・」
「ぼく、こてつで〜す。サスケ兄ちゃんなんですか〜」
サスケちゃんとこてつちゃんはしっかりと握手をしました。
それから、みかんちゃんに今までのいきさつを話ました。
「そうなのか〜じゃ〜ママとは又お別れするの?」
「うん、それが決まり事なんだ、でも、ママに会えただけで、ぼくは嬉しいの、それに、みかんちゃんやこてつちゃんにも会えたし・・ね」
「私だって嬉しいけど・・ママ、ぜったいに泣くよ〜やっとママは落ち着いてきたって思っていたのにね〜」
「ごめん、やっぱりぼくの考えが・・・」
「違うのよ、そう言うことを言っているのじゃ〜・・・」
しょぼんとしていまったサスケちゃんをみて
「だ、大丈夫ですよ、ぼくがいますから、きっとよい方法がありますよ〜だから・・みかんお姉ちゃんも心配しないで」
「だから、あんたはまだまだ子供なの!サスケちゃん、ママのことは考えてみるわ、ほんの少しだけの時間なんだから、ママにいっぱい甘えていっぱい楽しんでね」

キッキちゃんはこの子たちの話を聞いてました。
なんて優しいのだろう・・なんとかこの子たちが安心できるように・・
ヤーダ君が早く帰ってきてくれるように・・・
もう、一日が終わり、あと二日でサスケちゃんは帰ってしまうのです。


  つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 17:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

置いてみました

置いてみました.jpg


置いてみました1.jpg


ちょっと置いてみました。

シャーの横に・・・

気持ち良さそうに寝ているのにね〜

2リットルのペットボトルが小さく見えますよね〜

4本分はあるのですよ!

これが膝の上に乗っかって甘えたすると、もう〜拷問のようです。

足はしびれ・・・それでも我慢する飼い主・・です。
ラベル:
posted by ムクムク at 00:11| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

空飛ぶ青い猫 五話(夢編) 3  4

会えた.jpg


「そこにいるのは・・・サ  ス  ケ・・ちゃん?」
ママはお出かけから帰ってくると、玄関に一匹の猫がちょこんと座っているのです。
「まさか・・でも・・サスケちゃんよね・・あなたは誰?」
もう、ママの頭の中はパニックです。
「おいで・・抱っこしてあげよね」
その猫はオズオズとママの前までやってきました。
ママがその子を抱き上げました。
「じゃーお家にある位牌は誰のなの?・・・あなたは誰なの」
分けのわからない言葉を発しながらぎゅっと抱きしめました。
「ああぁ〜やっぱりサスケちゃんだ」

サスケちゃんはママに抱っこされうっとりしてます。
「ああーママの匂いだ。ぼくは帰ってきたのだ・・」
ママはサスケちゃんを抱っこしながら独り言をいいながらお家の中に入っていきました。
携帯電話を片手に、どこやら電話を始めました。
「おとん、サスケちゃんが帰ってきたよ〜」

「だから〜帰ってきたのよ・・・・うん・・ほんとだから」

「だから、ほんとなんだから、もう〜分かってないよね〜うん、うん
分かった、今写真をとって送るから・・うん・・そうじゃなくって、他人の空似だって・・・違います!」

ママはあわててサスケちゃんの写真をメールでおくりました。

しかし、ママは少し冷静になって・・考えました。
こんな事が有るわけないのだ、おとんの言う通り他人の空似なんだろう
しかし、この柄は、この鳴き声、この匂い、サスケちゃんそのものなんです。
「まあ〜いいか〜どちらにしても今抱っこしている子がいるのだもん。
サスケちゃんのそっくりさんでもいいわ。サスケちゃんの変わりに来てくれたのだものね」
サスケちゃんはそんな楽観的なママの事が大好きなのです。
「じゃ〜あなたの名前は・・サスケジュニアよ、いい名前でしょう、ここにず〜っと居ていいのよ。」
元気な時のサスケちゃんそのもの、辛く苦しかった表情のサスケちゃんじゃなく、やんちゃな元気な時のサスケちゃんがママの胸に抱かれていました。



そうだん.jpg


そのころ、キッキちゃんはヤーダ君と一緒にカタツムリのタケさんのところにいました。
セミしぐれの中、太陽はひまわりの花と競っています。
そんな中、深刻な顔をしたキッキちゃんはいました。

「うん、事情はわかったで〜、ようするにやな〜そのサスケゆう子のママが喜んでいるのに、また悲しい目に会うのをどうにかしたいんやろ」
タケさんはそう言いながらキッキちゃんの顔を覗きこみました。
「そうなんです。キッキちゃんに相談されたんですが・・こういう事はタケさんに相談するのが良いような・・それで・・」
ヤーダ君も困り顔でタケさんとキッキちゃんを代わる代わる見ました。
「たとえば・・ママの記憶を三日たったら消してしまうとか・・考えたのですが、それではサスケちゃんの気持ちが・・」
「せやな〜そんなんしたらサスケちゃんがわざわざ姿を変えずに帰ってきた意味がないわな〜」
「そうなんです・・だから・・なにか良い方法がないかと」
「あるで〜ええ方法が」
タケさんはその方法について話てくれました。
「そのためにはな〜ハートがたらんわ。アルプスのじいさんのところにある虹色なハートがいるんや、キッキちゃん、ひとっ走りしてくるか?
ヤーダ君でもええけど」
「ぼくが行って来ます、キッキちゃんはもし、ぼくが遅れた時の場合のためにサスケちゃんの近くにいて下さい」
「ありがとう・・そうするわ、もし三日までに帰ってこない場合はママの記憶を消すか、だまってサスケちゃんが消えるか・・考えてみます」
「ほな、急ぎや〜ぼくはもう帰るで〜夏はかなんのや、暑いのはかなんからなぁ、それにしても・・あんたら、ぼくが衣変えしたのに気いつけへんかったなぁ〜そんなんじゃ〜あかんで〜もっと注意深く生きないとな」
タケさんは笑いながらひまわりに花の中に消えて行きました。

  

  つづく
ラベル:イラスト 絵本
posted by ムクムク at 23:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

庭デビュー

あっちは.jpg
 

そろそろ、みんなと仲良くしないとね〜って事で二階の部屋を解放しました。
モコとロッシは恐る恐る・・・階段の下に並んでいます。

モッチの誘導でなんとか庭まで出る事ができましたよ。


春ちゃんだ.jpg


モッチのそばから離れるのは不安なんですよね〜

モコはどうやら春を見つけたようです。
おっとりモコはひょこひょこと春のそばに・・・


よろしくね.jpg


「春兄ちゃん、よろしくでちゅ〜」
「うん」

モコは春に挨拶をすることが出来ましたよ。
ロッシ、あなたも勇気を出して一歩すすんでごらん!


いっちゃった.jpg

「ああぁ〜モコちゃんもモッチ兄ちゃんも行っちゃったでしゅ・・・」
ロッシは取り残され・・
う〜ん、勇気を出してロッシ!


ぼくもよろしく.jpg


ロッシは頑張りました。
なんとか動きだしましたよ。
「ぼ、ぼくもよろしくでしゅ〜」
よく出来ましたよねロッシ!


♪.jpg


あれれ、モコは・・・もう馴染んじゃってまう。
鼻歌なんかうたってますよ。

兄弟なのに性格は全然違うのですよ。
ラベル:
posted by ムクムク at 22:46| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

空飛ぶ青い猫 五話(夢編)1 2

サスケちゃん@.jpg

今日もキッキちゃんは、空飛ぶ風船の木で真夏の空をとんでいます。
眩しい太陽がキッキちゃんを襲ってきます。
この間まで雨の日が多かったので、この太陽はキッキちゃんにとって懐かしいような気がします。
雨の間、空飛ぶ風船の木で空を飛んでいなかったのです。

暑いけれど夏の真っ盛りの空に飛び立って町並みを眺めて見るのは久しぶりの事なので、襲ってくる太陽もまた気持ちの良いものなのです。

「あれ〜、どうしたのかしら・・」
キッチちゃんは大きな木の下でなにやら思案顔の子を見つけました。
どう見ても、日陰で休んでいるようじゃないのです。
どこか調子が悪いのか、暑さにまいっているのかも知れません。
キッキちゃんは心配になって降りてみる事にしました。



どうしたの1.jpg


大きな木は涼しい日陰を与えてくれています。
少しだけ太陽が襲ってくるのを遮る事が出来そうです。
「ねぇ〜どうしたの?どこか調子が悪いのかしら・・」
「・・・う・・・べつに・・・」
「べつに・・って言ったって・・良さそうには見えないわよ・・」
「ほっておいてください・・ボクが・・考えが足らなかっただけ・・
なんですから」
キッキちゃんの心配をよそに、なにも話したがらないのです。
「じゃ〜ほっておこうかな?」
そう言ってキッキちゃんは立ち上がり「でも・・さ〜言ってみると案外いい方法が見つかるものよね」そう言いながらゆっくりと歩きだしました。
「あの〜いい方法・・見つかるかな〜」
「そりゃ〜教えてくれなきゃみつからないわよ〜」
「そうだよね・・あのね・・・ぼくね・」
キッキちゃんはだまって頷きました。
「ぼくね、虹の橋からやって来たんだ。三日間だけこの世界に帰れたの、誰でも、いい子にしていると三日間だけ帰れるんだよ。
ただね、自分の姿じゃなく他の猫の姿でね・・・どうしてかって・
・だって自分の姿で帰るとお家の人が喜んで・・びっくりして・・そして三日たったら消えちゃうのですよ・・また悲しい目に会わす事になるでしょう・・だから・・・ね・・ちがう姿で帰って大好きな人を見て安心して帰るの・・」
「そうなの〜じゃーあなたもこっそり見て帰るのね」
「うう〜ん、ぼくは自分の姿で帰りたいって言って無理をいって・・」
「はは〜ん、なるほどね・・帰りたいけど・・お家の人を喜ばして・・そして又、消えちゃう事に」
「そうなんです・・また・・ママを悲しませる事を思うと・・帰れない・・でも、会いたいの」
「分かったわ、大丈夫・・なんとかするわ、だから、帰っていいよ!」
「えっ、ほんとうに!・・でも、ママを悲しませないで・・」
「だから、まかせて!時間がないよ〜行っておいで

虹の橋からいつも誰かが三日間だけ帰ってきているのです。
知らない猫が貴方をじ〜っと見ていたら、ちょっと見かけて仲良くなったのに居なくなった猫がいたら・・きっと、貴方に会いにきた子なのですよ。


    つづく
posted by ムクムク at 17:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

残暑お見舞い申しげます

ぽすと1のコピー.jpg



おひるね.jpg


お昼寝、今日は少しだけ爽やかな風が流れてきてニャンコたちはゆったりとお昼寝。

おひるね1.jpg

いえいえ、ここではお昼寝なんてしてませんよ。
エネルギーが有り余っているふたりは・・・お昼寝なんてもったいないみたい。

おひるね2.jpg

遊ぶ気まんまんのモコの目はなにを狙っているのかしらね〜
ラベル: イラスト
posted by ムクムク at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

朝焼けと夕焼け

朝焼け.jpg

朝焼け1.jpg

朝5時に目が覚めてしまった
歳かな?

朝やけが出ていた。
う〜ん・・綺麗だった・・寝室の窓から見える田舎の風景を見ながら
今日も、暑くなるんだろうなぁ〜って思う。


ゆうやけの田んぼ.jpg

夕焼けに染まった田んぼの風景。
稲は金色に輝いている。
もうすぐ・・新米が食べれる!!

私ん家の田んぼではないですよ〜

この辺の米は美味しのですよ!
美味しいお米が食べられる幸せが・・もうそこまで来ています。
田舎暮らしの特権です。



モッチの変な顔の2連発です。

変な顔.jpg

変な顔1.jpg

変な顔してるけど・・可愛いって思うのです。
ラベル:田舎暮らし
posted by ムクムク at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

背比べ?

長い.jpg

モッチと春の背比べをしてみました。

モッチの方が長いようですね。


ふとい.jpg


でも、春だってここで負けてはいられません・

横幅、横幅で勝負だって!

はい、春は横幅では勝っていますね〜

って事は・・・

春ちゃん、あなたは短くて太いって事なのよ。


よしよしA.jpg

モッチはモコのお母さんになっています。

抱きしめて、よしよしって。

よしよしB.jpg

モッチはロッシのお母さんになっています。

おっぱいを求めてロッシが・・・



あの〜モッチ、あんたは男の子だったよね?

父性愛ってあるのかしら?

お母さん猫みたいに抱っこしているモッチを見て  ???
ラベル:
posted by ムクムク at 23:05| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

海へ

A.jpg

山を超えて

B.jpg

雲から太陽も出てきたし・・

d.jpg

さあ〜

フェリーに乗って

海.jpg

海に着きました


えっ、水着を着て泳いだかって?

もちろん、ちょ〜ビキニの水着でボイ〜ン、プリ〜ンで颯爽と・・

とはいきませんよね〜。

ここは大崎島の大串キャンプ場です。
2キロほどの砂浜があり、その裏には松林とキャンプ場があります。

あまり混雑してなくって広々とした砂浜が続いていて気にいってます。

ずるい.jpg

え〜ずるいです・・自分だけ楽しんで〜

気に入らん.jpg

ああ、気に入らん!


モッチとシャーは怒ってました。
ラベル:海 
posted by ムクムク at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | ムクムク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

あほらし!

あほらし.jpg

このくそ暑いのに。

なにゃってんの?  あほらしいわ。

風はあきれてます。この暑い日にべたべたしてますよ〜それも・・シャーが仲間にはいってますが・・・

あほらし1.jpg

まあまあ〜チャトーはシャーに甘えたしちゃって。
その上、モッチにまでペロペロしてもらって。

あほらし2.jpg

チャトーは幸せ〜!

あほらし3.jpg

ペロペロべたべた!

べたべたペロペロ!

チャトーは幸せ〜!

あほらし4.jpg

マイペースな春はそんなん関係ないって、ボクはひとりで寝る方が涼しいのにって顔でねんね。


あほらし5.jpg


ほんま、あほらし!

ようやるわ!

この暑いのに、あほちゃう?

風は呆れてました。
ラベル:
posted by ムクムク at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

モッチの子守

子守.jpg

モッチと一緒にコニャンコの部屋にはいると・・・・
見事にティシュが部屋いっぱいに散らばっていた。(やっれた〜)

モッチに今日は子猫の子守をお願いいました。

はたして・・出来るかな?


子守1.jpg

モッチの姿を見ると、モコ、ロッシは大喜び!
さっそく、あそんで〜!

子守2.jpg

もてもてのモッチ。

子守3.jpg


モコは尻尾がお気に入り。
モッチの尻尾がかなり気に入ったようで・・

ロッシは上手に遊んでもらっているのにね。

子守4.jpg

そのあと、ロッシはシンクロの練習です。
モッチを見習って・・
う〜ん、もう一息かな。

子守5.jpg

これも、もう少しだね〜


いつまでも、子にゃんこだと思っていたモッチは子猫を遊んであげれる
まで成長してました。
良い子になっていますよ。
お兄ちゃんなんだからね〜頼もしく見えちゃいます。


ラベル:
posted by ムクムク at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

今日はぼくが!

今日はぼくが.jpg

あのね、今日はぼくが強いのでちゅよ〜

モコちゃんなんてちょろいのでちゅ・・ね・・しゅごいでちゅよ。

今日はぼくが1.jpg

こうして、押さえこんで・・ほらね。

モコちゃん、まいったは?

ぼくだってやれば出来るんでちゅよ。

今日はぼくが2.jpg

ね、ね、強かったでちゅよね!

見てくれてまちたか〜?

えへっ、ロッシちゃん調子ののっえましゅよ。ぼくが手かげんしてあげ

たのでしゅよ。



おまけ.jpg


おまけです。

モッチのびっくり顔。目がまんまるですよ。

庭で鳥の鳴き声がしているのだ。耳をたて緊張してますよ。

このあと、庭に飛び降りて行きましたが・・・

残念な結果のようでした。
ラベル:
posted by ムクムク at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

あちい〜よ〜

あちい〜.jpg

本当に暑いよ〜

風もあちい〜って言いながら身体の伸ばせるだけ伸ばして寝ている。

もう・・動きたくない・・らしい。


あちい1.jpg


あちいよ〜なんとかならん?ってシャーにも言われました。

残念な事に我が家にはクーラーってのが無いのです。

このへんは夏は涼しいはずなんです。

去年もクーラーなんていらなかったし、夜なんか布団がいる日が多かっ

のにね〜

あちい2.jpg

春もお腹を出して出来るだけ涼しい状態でいたいらしい。

が、どうした事だ。

モッチとチャトーは。

べたべたくっついて・・暑くないの?

暑くても、くっいていたいの?


あちい3.jpg


太郎、ユキ、ルーンも暑いらしい・・日陰を求めてうろうろ。


暑いのって本当に嫌だ!ってみんな思っているのね。

私も嫌だよ〜

クーラーがほしい!!

ラベル:
posted by ムクムク at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ボール、ちょうだいよ〜

ボール.jpg

ぼくちゃんのボール、いいでしゅよ〜どう?いいでしゅよ〜


ボール1.jpg


モコちゃん、ぼくにも・・ねえ〜ぼくもあそびたいでちゅよ〜


ロッシちゃんには貸してあげないのでしゅよ〜だ。


ボール2.jpg


いいもんね、もういいもんね・・ボールなんか・・モコちゃんのいじわ

る・・もういいでちゅ・・



ボール3.jpg


あのね、ぼくね、ぜったい遊んであげないでちゅ〜だ

もこちゃん、ボール貸してくれないのでちゅ。

だから、ぜったい遊んであげませんでちゅからね!

ラベル:
posted by ムクムク at 23:33| Comment(9) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

やる気かいな

やる気かいな.jpg


今日も暑い〜のに・・

このふたりには関係ないのだろう。

やる気満々の春にからまれているモッチ。

ちょっと・・引き気味。

やる気かいな1.jpg


モッチの柄の悪さに・・春は。

やめた〜っと見せかけ・・

やる気かいな2.jpg


やっぱりやる気だよ〜んっとモッチに。

モッチはあまりやる気がないので、春を静止させたいようですが、

そこは春、そうはいきません。


やる気かいな3.jpg


ああぁ〜

始まってしまいましたね〜




そのころ、二階でも

モコとロッシはやる気満々で・・・ここでも.jpg

モコのおんぶ攻撃


仲良し兄弟のレスリングが始まってました。
ラベル:
posted by ムクムク at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

晴れ間に

ほんの晴れ間に.jpg

雨が降ったりやんだりのお天気。
ちょこっと晴れたのでモッチは庭に出てます。
う〜ん、なにか見つけたようなんですが・・


ほんの晴れ間に1.jpg

さわってみたいが、、ちょっと怖いかな・・手が恐る恐るでびびっているのがわかる。
でも、なにか分からないが捕まえたい・・さわりたい。
しばらく、手でちょんちょんってさぐっています。

ほんの晴れ間に2.jpg

ああぁ〜びびってる間に敵は逃げだしたようですね。
モッチちゃん、今日は不発でしたね。


  今日のコニャンコ

今日のこにゃんこ.jpg

今日のこにゃんこ1.jpg

今日のこにゃんこ2.jpg


いくらかは人間にも近付くようになってきました。
ロッシはモコの後ろに隠れてばかりだったのが、今日は少しだけ前に出るようになってきた。
モコはマイペースに遊んでいますよ。
ロッシにとってモコと居る事が安心みたいで、モコの動きを見て真似しをしている。良い兄貴みたいですね。

子猫って見ていると、笑いが自然と出てきます。
いつまで見ていても飽きる事がないよね。
大変だけど
保護して良かった!
ラベル:
posted by ムクムク at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする