2009年07月31日

ああぁ〜またまた、やっちゃました

またまた、やっちゃいました。
もう、終わりのはずだったのに・・・。


こにゃんこ.jpg

こにゃんこ1.jpg

コニャンコです。
店の裏に捨てられていた子猫です。
里親を探してはいたのですが・・店を撤去しなくてはならないので子猫の場所がなくなってしまうのです。
それに、工事の音とかで怯えて国道に逃げ出したら危ないし・・・
なんて考えたら連れてかえるしか方法がない。
この子たちを入れると、猫だけで8匹・・・無理っぽい。
しかし・・・大丈夫だ!ここに遊びに来てくれているりきさんところなんか全部で20匹もいるのだ。
まだ余裕あある。
我が家はこの子たちを足しても12匹・・・そういう数の問題かい?
まあポジティブに考えよう!


こにゃんこ2.jpg

そう思って、昨日連れて帰ってしまいました。(トホホ)

今日、まず、モッチと春に会わせて見る事にしました。
モッチと春が一番年齢的に近いので。

モッチ、ちょっと緊張してる。
(春が来たときはすぐに仲良しできたのに)

こにゃんこ3.jpg

春も緊張しているが、モッチほどではない。

こにゃんこ4.jpg

キジ猫の子は怖がりのようです。でも、大人の猫を見るとお母さんかと思いミャ〜って鳴いて近づいていきます。
はぐれになると、大きな声でミャミャ〜鳴き、もこもこした子がすぐに駆け寄っていく。お兄ちゃんみたいにキジ猫を守ってあげているのです。
仲良し兄弟ですよ。
どちらも男の子のようです。


名前も付けちゃいました。
黒白でモコモコしたマイペースさんは  モコちゃん(そのまんま)
芸の無い名前ですね〜
しかし、キジ猫の用心深い、びびりさんには  ロッシちゃん
MOTOGPのチャンピオンのロッシから頂いた偉大なる名前ですよ。
(名前負けしそう)


さて、これからどうなる事か・・・・・不安・・・ですよ〜
タグ:
posted by ムクムク at 14:34| Comment(9) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

とっておきの写真

とっておき1.jpg


ちょっと写真の整理をしていたら

とっておきの写真が出てきた。

白猫軍団です。

一番手前の子は友達の貰っていただけたが、あとは無理だった。

耳の聞こえないシッポちゃん

甘えん坊でちょっと意地悪なのんちゃん。

そしてシャーちゃん。

こんな時は本当に可愛かったわ。

とっておき.jpg


こんなに大きくなっていてもポッポ母さんのおっぱいを飲んでいました

まるで、みんなでポッポちゃんを食べているようでしょう。

ポッポちゃんは幸せそうな顔してますね〜。

とっておき2.jpg


ポッポちゃん、シャーとそっくりでしょう。

今写真をみて、こんなに似ていたのか〜って


シッポちゃん、のんちゃん、ポッポちゃんは今頃虹の橋のたもとで親子仲良くシャーの事を見守ってくれているのでしようね。

それにしても、生まれた子が全部白猫なんですよ。
ポッポちゃんにそっくりな子ばっかり。
おとうさん猫のカケラもないのです。
ひょとしたらポッポちゃんはひとりで子供を作ったのかな〜なんて思っています。
まわりに白猫なんていなかったし、別の柄の猫さんがお父さんなら、たぶんその猫さんの柄がでてくるはずだし・・・なんて考えていた事を思い出しました。
タグ:
posted by ムクムク at 23:30| Comment(9) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

シャちゃんの今日

シャーちゃん.jpg

えっ今日はぼくなんですか〜

それも・ぼくだけ・・なんですか?


シャーちゃん1.jpg


じゃ〜じゃ〜・・なにをしようかな?

こんなん食べてみましょうかね。

でも、美味しいのかな・・?


シャーちゃん2.jpg


やっぱ、あんまり美味しいとは思えません。

ぼく、これいらない。


シャーちゃん3.jpg


これこれ、これがいいの。

これはいい・・・。


シャーちゃん4.jpg


う〜ん、ごめん、やっぱりこれも・・・もうひとつかな〜

せっかく、ぼくだけの時間なのに、たいした芸がなくって・・

今度はね、すごい一発芸を用意するから・・・ね!





タグ:
posted by ムクムク at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ぽつんと

ぽつん.jpg


ぽつんと寝ている風。
部屋の真ん中で、ぽつんと寝ている姿がかわいい。
なんなんだろう、すごくかわいく思えるのは。


ぽつん1.jpg


ここでも、それぞれが寝ている。
どうした事か、だれとも絡まないでぽつんと・・こんなんも可愛いと思う。


ぽつん2.jpg


これはぽつんとって言えないなぁ〜
ドタっとかな?



崩れ.jpg

こんな大きな岩がころがっって。
その上を見ると。  

崩れ1.jpg


まだ崩れそうな状態。
大きな岩が今にも落ちてきそう。


今日も雨は降りましたが・・たいした事はなかった。
でも山は、これからも崩れそうです。
近づかないのが良いみたい。

九州や山口の方は大変な事になっています。
この雨は東の方に行くようですよ。
皆様もどうか、気をつけてくださいね。

私は大丈夫ですよ。
みなさんに励ましていただき、やる気満々(なにを?)です。
本当にご心配をかけてしまいました。
すべて、良い方向に動いています。
雨ふって地は崩れ ましたがね。

タグ:
posted by ムクムク at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

豪雨

豪雨3.jpg

春はカラーがとれて安眠しています。
外は豪雨。
ここ、広島でも被害が出てます。


豪雨1.jpg


そうなの?

そうよ、あちらこちらの道路も通行止になってたりしてるよ。
それに・・

豪雨.jpg


それに・・なんなの??


自営業なんですが・・店の裏山が崩れて、隣の店の横に大きな岩が転がっていたの。
それにね、うちの店の裏に倒木が・・・最悪なの・・

だから・・この店は諦めないとね〜
山崩れを避けた所に新たに建て治すしかないよね〜
農協に行ってお金を貸してもらおうかな〜


ええっ、じゃ〜ぼくたちご飯たべれんの?

まあ、なんとかなるでしょう!
さて〜あんたたちのご飯は大丈夫だよ〜ん。


かあさん、楽観的だね〜


だって、しょうがないもん。
雨には勝てないよ。(涙)

みなさんの処は大丈夫ですか〜?
まだ雨が降るようですので気をつけて下さいね。

タグ:
posted by ムクムク at 14:17| Comment(10) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

いいなぁ〜

いいなぁ〜!.jpg


モッチは二階の窓から見ています。
「いいなぁ〜お外で遊んでる」
羨ましそうです。

よくこの場所から下を見てます。
犬たちが自由にウロウロしているのが羨ましいのかも知れません。

いいなぁ!.jpg


その下ではユキちゃんが
「いいなぁ〜お家の中に入られて」
羨ましそうです。

よくこの場所から上を見てます。
猫たちがお家の中を自由にウロウロしているのが羨ましいのかも知れません。
タグ:
posted by ムクムク at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

皆既日蝕

日蝕.jpg

日蝕1.jpg

雲のおかげでそのままでも見れた


日蝕2.jpg

なんとか、雲が切れこの辺では最大のを見る事ができました。

感動!

もし可能なら今度は完全なものを見てみたい。


まぶしい.jpg

えーあんたらも見てたの?

どうやったかな〜見えた?

そう、眩しかったのか〜
タグ:日蝕
posted by ムクムク at 22:19| Comment(8) | TrackBack(0) | ムクムク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

まだら母さんの子供は

なめなめよ.jpg

なめなめしてあげるからね〜じ〜っとしといてねチャトー


モッチはチャトーに・・・・本当にいい子になったね〜



なめなめよ1.jpg


ぼく。いい子ですか〜じゃ〜もっともっとなめなめしますよ〜


なめなめよ2.jpg


ここもね。

もっとしましょうか?

チャトーだって負けてはいられない。いい子はボクの方だからって思っ

てるものね。

なめなめよ4.jpg


負けれない!

モッチとチャトーは競争でなめあっている。

これでもかって止まることなく。

なめなめよ5.jpg


そして・・・

仲良くねんね。

今日は本当にいい子だね〜モッチ!

まだら母さんに連れてこられてから、もう一年がすぎて、小さくって

不安な顔したモッチは確実に大人になっているようです。

まだら母さんが「どうかこの子をお願いします」って言ってモッチを

置いていった日が遠い日のように思う。

まだら母さんはウイルスの病気に感染して餌場から姿を見せなくなった

姿を見せなくなって、もう3か月ほど経つ。

最後に姿を見せた時はエイズの末期的症状が出ていた。

まだら母さんは沢山の子供を産んだが育ったのはチャトーとモッチだけ

かも知れない。チャトーの兄弟はみんな交通事故で逝ってしまいました

残ったチャトーをむりやり保護した。

モッチも4匹の兄弟がいたが、最後の残ったのがモッチだったのでしょ

うね。まだら母さんがモッチを連れてきて、私にお願いしたのです。

頼まれてしまったものだから・・・連れて帰ったのが今のモッチ。

まだら母さんはそのあと、たぶん子供を持たなかったのだと思う。



いつもお腹が大きいまだら母さんを保護して我が家の子にしなかった

事を今、心残りです。

なぜ? 

なぜ、保護しなかったのか・・・

これはいい分けになるが・・もしかして、赤ちゃん猫がどこかで

まだら母さんを待っているかも・・って思って・・ミルクを待っている

子がいつもいそうで・・そう思っているあいだにまだら母さんは病気に

侵されていたのです。

気が付いた時には・・・治す事の出来な病気をもっていました。

ふたりの子を私に託して、まだら母さんは姿を消してしまいました。



この仲良し二人を見ていると・・まだら母さんは本当にいい子を残して

くれたと感謝しています。

そして、彼女を助けられなかった自分を思うと悲しです。


タグ:
posted by ムクムク at 23:51| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

エリザベスカラー

エリザベスカラー.jpg


エリザベスカラーを首につけ・・

さぞかしストレスを・・・って思いきや


エリザベスカラー1.jpg


なんと!

春にストレスって言葉はないのか?

モッチとカラーをつけたままレスリング

足・・は痛くないの?


エリザベスカラー2.jpg


心配をよそに

やってます!

春はタフな子です。

カラーがついていても、前前に進む、ガタ、どたってぶつかりながら

階段も登り降りしている。落ちてひどくならないか・・の心配は無用

のようでした。

どんな風に生きてきたのかしら?

ここに来るまで、きっと色んな辛い目にあっただろうに・・

自力で交通事故?で足腰をいためてのを歩けるまで治したのでしょうね

逞しく生きてきた春は・・・

カラーぐらいでは負けないらしい!

23日にはカラーを外してあげるからね。
タグ:
posted by ムクムク at 21:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

暑くても

ユキと太郎.jpg


今日は最高に暑かった!!

雨になると云われながら、結局雨は降らなかった。

その分、むしむしを暑い・・・

人間はのびているのに、このユキと太郎は元気!

暑いからもう〜帰るよ〜って言っても「いやだ!」


ルーン.jpg


ルーンもますます元気!

保護して一年にもう少しでなる。

病院で、そんなにもたないと言われたのに・・・白内障、それに痴呆に

かかりつつ・・

今では走っている。

その上に、ジャンプなんてしちゃうのです。

よぼよぼの老犬がまるで成犬のようです。

相変わらず、目はあまり見えてませんがね。

アカちゃんも少しは見習ってほしいなぁ〜!


親子?.jpg


庭の木に並んで登って行くカタツムリを見つけた。

親子?


赤ちゃん?.jpg

そして、その下のレンガにはっている赤ちゃん?カタツムリ。

木を登っているのとちょっと色が違っているような・・



posted by ムクムク at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

未練なんです

無視されて1.jpg

チャトーは座布団の中に隠れて・・モッチを誘っています。

モッチ、さぁ〜遊ぼうよ〜

僕はここに隠れてるんだどよ〜わかんないだろう^^

しかし、モッチはちらっと見ただけ。


無視されて2.jpg



後ろに回ったね・・じゃ〜みて尻尾、ほら尻尾だよ〜


でも、モッチは無視・・・・


無視されて3.jpg


どう!・・・


尻尾見てる?ねえ〜モッチ、尻尾だよ〜

もっとフリフリしようか〜?



無視されて4.jpg


ああぁ〜可愛そうに。

チャトーは一生懸命に尻尾をフリフリしてるのに・・

モッチは無視してる。

そして・・毛づくろいを始めてしまいました。

モッチ!付き合いってものがあるんですよ、チャトーの気持ちを考え

ろって。
タグ:
posted by ムクムク at 22:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

今日も雨

今日も.jpg


雨だ〜

だのに・・春ちゃんはお外に出てますよ〜

傷に良くないのにね〜馬鹿じゃないの〜ってモッチが言ってます。


今日も1.jpg


お外で遊べないよ〜!



そんな顔をしたって雨はやみませんよ、だから怒ったって・・ね。
posted by ムクムク at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空飛ぶ青い猫 四話(田園編) 8 9

へび1.jpg

シロちゃんは、あまりお腹がすたので草むらの中にはいって虫などを探して食べたりしました。
初めて自分で獲物を捕まえたりしたのです。
夢中で虫を追いかけていたのですが・・
そのシロちゃんを狙っているものがいたのです。
おおきな口を開け赤い舌をチョロチョロだした蛇が狙いをシロちゃんに合わせているのでした。
なにも知らないシロちゃんに蛇が飛びかかろうとした時です。
蛇の大きく開いた口に緑のハートが飛びこんできたのです。
その時やっとシロちゃんは蛇の存在を知ったのです。
声も出ないで固まってしまっているシロちゃんの前にキッキちゃんが
降りてきたのです。
「シロちゃん、もう大丈夫よ。この緑のハートは戦いや欲望を押さえ
平和を与えるの・・だから蛇さんも退散していくわよ」
危機一髪のところをキッキちゃんに助けられたシロちゃんはそれでも声をだせないぐらい怖かったようです。
「シロちゃん、迎えにきたよ。さぁ帰ろうか?」
「どこにでしゅか?」
「ここはね、東京からすごくはなれているのよ」
「東京ってなんでしゅか?」
「今までシロちゃんが居たところ、そしてここは島根県なの」
「へぇ〜そうなんでしゅか、じゃぁ〜ぼくはしゅまねにいます」
「しゅまね、じゃなく島根なんだけどなぁ〜」
「そのしゅまねがいいですよ・・だから帰らないでしゅ」
「そっか〜これからどうするの?」
「う〜ん、わからないでしゅよ〜でもここがいいでしゅ」
「うん、わかったよ。じゃ、シロちゃんほら、あそこで野ら作業している人がいるよね。・・・あそこまで行ってごらん」
「あそこになにがあるのでしゅか・」
「いいことがあると思うよ」
そう言うとキッキちゃんは空に飛んで行ってしまいました。
「シロちゃ〜ん幸せになるんだよ〜」
シロちゃんはキッキちゃんに手を振りながらちょこちょこと走って行きました。


シロちゃん.jpg


シロちゃんは雨の音を子守歌にして寝ていました。
誰かが呼ぶ声で目

が覚めました。
なが〜い夢をみていたようです。
昔、ここに来るまでの夢でした。
かあさん、とうさんに可愛がってもらったいる今、忘れていた昔を思い出していました。
あの時、かあさんに抱っこしてもらえて本当によかったって思っているのでした。
「ぼくはこんなに幸せになれたのはかあさん、とうさんのお陰だ、東京のみんなも幸せになってるかな〜お譲ちゃんに、おじさんにお兄さん、お姉さん、みんな幸せになっているかしら・・」

雨がまた激しく振りだしました。
シロちゃんは窓から外をながめました。
来た時と同じ緑の海が雨で波打ってました。


  おわり




  あとがき

シロちゃんは今日も家の周りのパトロールに出かけています
時々夜遊びがすぎてマーかあさんに心配をかけていますよ。
posted by ムクムク at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

空飛ぶ青い猫 四話(田園編) 6 7

田園1.jpg


シロちゃんを乗せたトラックは何度か止まりました。がシロちゃんはどうしても怖くって飛び降りる事は出来ません。
沢山の車がいっぱいあるのです。
それに荷台からの高さを思うとシロちゃんはどうする事もできません。
そのうちにトラックはどんどん進んでいくのです。
箱の中から見る風景に変化が見えました。
今までは凄いスピードで走っていたのに、今度はガタガタ振動が多くなり周りに車も走っていません。
シロちゃんのピンクのハートが光っています。
「ぼくのハートがなにか言ってるの?」
するとピンクのハートが話しかけてきたのです。
「シロちゃん、私がついているから大丈夫よ、シロちゃんが気にいった場所で飛び降りてごらん、きっと迎えにいくからね」
キッキちゃんの声です。
シロちゃんは決めました。
緑の草原にダイビングすることに。

シロちゃんは草のクッションの中に飛び込みました。
草をかき分け見た風景は、なんと緑の海でした。
その海はさわさわっと風を受けて稲の苗が波打っています。
なんと広いのでしょう!
シロちゃんは初めて見る緑の海に引きこまれていきました。
「わあぁぁぁ〜い」
大きな声を出して叫んでみました。
風の音が返事をしてくれました。
「でも・・・ぼくおなかがすいたでしゅ・・」
そうなんです。ここにはボランティアのお姉さんはいないのです。
朝からなにも食べていないのです。
西の空は紅く染まってそして夕闇が訪れてくるのです。



ホタル.jpg

さっきまでの元気はどこかへ行ってしまいまた。
お腹がすいたし、喉も乾いている事に気がつくとシロちゃんの頭の中はその事でいっぱいになりました。
誰もいない、どんどん暗くなって行く、シロちゃんは淋しさと不安が襲ってくるのと戦っています。
緑の海はもう真っ暗で、電灯もなく月も出ていません。
不安を忘れる為にがむしゃらに歩きました。
行けども行けどもおい茂る草と田んぼしかないのです。
水を求めて田んぼに降りて行こうと草をかき分けた時。
そこには青い星が輝いていたのです。
空に舞い上がる青い星がシロちゃんを歓迎してくれたのです。
その星はダンスを始めました。
蛙が歌を歌い出しました
シロちゃんも青い星と一緒にダンスを始めました。
いっしょに飛びあがってみました。
もう楽しくってシロちゃんはお腹がすいている事も忘れダンスを続けました。


  つづく
posted by ムクムク at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかえり

おかえり1.jpg

シャーが春を出迎えた。

おかえり〜!


痛々しい1.jpg


大腿骨骨頭切除の手術を終えて春は帰ってきました。

痛々しい姿で帰ってきました。モッチは春の後について歩いている。

嬉しかったのでしょうね〜春が帰ってきたのが。


痛々しい.jpg


歩くが辛そうです。

その上、エリザベスカラーが邪魔で大変ですよ。

少しの辛抱です。春も私も。

posted by ムクムク at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

春ちゃんの手術

春ちゃん手術.jpg


昨日、春は足の手術をしました。
病院でもう一度レントゲンを撮り、結果、手術をした方が良いと思われるのでそうしました。
明日まで入院、抜糸には10日間ほどとの事。
今頃、淋しい思いをしているだろうなぁ〜

春の歳は3歳ぐらいだと思っていましたが先生が骨のレントゲンを良くみると、はっきりと「この子は一歳です」っておっしゃった。
なんとかと言う骨がまだ出来ていないので・・らしい。
まだ一歳って事h・・モッチと同じ歳なんですよ。
どうりで気が合うはずだ。

だいじょうぶ1.jpg

モッチはず〜と探しています。
春がいない!どこ?
落ち着かないようで・・・

淋しくって、チャトーに甘えたしてました。


だいじょうぶ2.jpg


シヤーはなんだか静かだなぁ〜って思っているようです。


だいじょうぶ.jpg


風は言いきってましたよ、大丈夫だ!って。

タグ:
posted by ムクムク at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空飛ぶ青い猫 四話(田園編) 4 5

朝1.jpg

キッイちゃんが朝早くにシロちゃんの様子を見るために倉庫までやってくると・・居ないのです。
シロちゃんの姿はありません。
どうした事なんでしょう!夕べはここで寝るって言っていたはずなのに。
キッキちゃんはピンクのハートの信号を送り続けました。
しかし返事は帰って来ません。周りの騒音と飛び交う電波が邪魔をしているのかも知れません。
そんなとき、茶トラの青年猫が通りかかりました。
「なにか探してる?」
「ええ、ここで寝ているはずの子猫なんですが・・見ませんでした」
「ああ〜あいつかな?夕べこの中のダンボールの箱に潜りこんでたよ。それに・・今朝早くにトラックが来ていたからな〜ひょっとして、箱ごと運ばれたなんて」
「まさか・・そんな・・こと」
「はは、まさかね、そんなドジなやつは居ないよな〜」
そう言いながら茶トラの青年猫は行ってしまいました。
そう、まさか・・でも分かりません。すっごく疲れてたからぐっすり寝込んでいたのかも知れません。
キッキちゃんは空に舞い上がりました。
空の上から街を見下ろしますが・・シロちゃんを乗せたトラックはどこに行ったかは分からないのです。
あるだけのパワーでピンクのハートの信号を送り続けました。
空の上なら妨害が少なくって届くかも知れないからです。
少しの反応がありました。
それは西の方からの信号です。


ハコの中.jpg


そのころ、シロちゃんはダンボールの箱の中にいました。
気持ち良く寝ていたのですが・・あまりにの揺れと振動で目が覚めたのです。
箱から恐る恐る顔を出して見ると、どうやら車の荷台の上のようなんです。
すごい音を立てながら走っているのです。
何台もの車がゴーゴーと音を立て目の前を横ぎっていきます。
ド〜ンと音を立てバウンドします。風は息苦しいほどシロちゃんに襲ってきます。
「か〜ちゃん・・おがあちゃ〜ん」シロちゃんはとうとう泣きだしました。
でも車は止まってはくれません。
そしてここがどこかもシロちゃんには分かりません。
不安と諦めがシロちゃんの心いっぱいに広がってきます。
「ボクはどこに行くのでしゅか〜」
大声で叫んでも飲みこまれてしまいました。


  つづく
posted by ムクムク at 16:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

空飛ぶ青い猫 四話(田園編) 3

ボクちゃん.jpg


キッキちゃんはボクちゃんの後を追いかけて公園のすみまで行くと
ボクちゃんはポツンとひとりぼっちでいました。
「どうしたの、淋しくなったかな?」
「ううん、ぜんぜんですよ、ボクは淋しくなんかないもんでしゅ」
「そうよね、大丈夫だよね。でもね、もし淋しくなったら困るからね、このピンクのハートの首輪をあげるね。これを付けているとね、幸せになれるのよ」
「へ〜、そうなんでしゅ?ボクにくれるんでしゅ?」
「似合っているわ!それからね、お名前はボクちゃんでは可笑しいからね、私が可愛い名前を付けてあげようね」
「ボクはボクちゃんではだめなんでしゅか?」
「ボクちゃんってのは男の子全部がボクちゃんなの、だから君だと分かる名前を付けようね」
「そっか〜ボクちゃんはボクの名前じゃないのでしゅか〜」
「そうよ、これからはシロちゃんって事にしまようね。でもこれも仮の名前だよ、新しいお母さんが付けてくれるかも知れないしね」
「うう〜むつかしいのでしゅ」

ボクちゃんはシロちゃんと言う名前をキッキちゃんに着けてもらいました。
「今晩はどこで寝るの」
「ボクね、いいところ知ってるの、あのね、あの建物の中ね、箱が沢山あってね、だから安心なの」
シロちゃんが教えてくれた場所は大きな倉庫です。
確かにあそこなら雨がふっても大丈夫そうです。
「シロちゃん、ひとり大丈夫?」
「うん、何回も行ったことがあるもん」
シロちゃんは自慢そうに言いました。
「じゃ、明日の朝に様子を見にくるから、ちゃんと寝んねするのよ」
「うん、今からあそこに行きましゅ」
キッキちゃんはシロちゃんの後ろ姿を見送りました。
まさか、シロちゃんが消えてしまうとは思わなかったのです。


  つづく
posted by ムクムク at 01:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

空飛ぶ青い猫 四話 (田園編) 1 2

ゆうやけ2.jpg

キッキちゃんは夕焼けの空を空飛ぶ風船の木でとんでいます。
木々がかぶさるよに並んでいる公園が見えます。
街の中でそこだけがオアシスのように思える公園です。
キッキちゃんは降りてみました。

不安気な顔をした猫たちがそこにはいました。
小さい子猫もいるようです。
「あの〜どうかされましたか?」
少し歳老いた猫が悲しそうな顔で答えました。
「あのさ、この公園は明日には壊されるのさ」
「この公園ですか〜?どうして・・・そんな」
「ここに高速道路が通るらしいよ」
「じゃ〜どうなるのですか、みんなの寝るところが無くなってしまいますよ」
「そんな事を誰が心配してくれる?えっ、ボランティアのお兄さんやお姉さんぐらいさ」
また別の猫もいいました。
「今までは、そのお姉さんのお陰でなんとか生き延びれた・・子猫もなんにんかは里親が見つかり助けてもらった。まだ、ましな方さ」

家の無い猫はこの公園を住みかとして生活しているのです。
でも、壊されるとこの猫たちが生活する場所がなくなってしまいます。
今、ボランティアのお姉さんが一生懸命里親を探しているのですが・・思うようにいってないようなんです。
誰が悪いって分けじゃないのだけれど、いつも、決まって不幸になるのは弱い者なんです。

キッキちゃんは自分の力なさが悲しくなりました。

いきなり猫たちはいっせいに大きな樹の陰に走りだしました。
そうなんです。ボランティアのお姉さんが食べるものを運んで来てくれたのです。


子猫ちゃん.jpg


みんなが行ってしまった後に小さな子猫がふたり手を繋いでポツンと取り残されました。
キッキちゃんは子猫に話しかけようとした時に、お姉さんが子猫の元にやってきて食べ物を差し出しました。
「ごめんね、遅くなっちゃったわね。お譲ちゃんとボクちゃん、お食べね」
お姉さんはそう言いながら、ボクちゃんとよばれた子猫の頭をなぜながら「ボクちゃん、お別れね・・ごめんね、お家を見つけてあげる事が出来なくって・・でもね、お譲ちゃんのお家は見つけられたの」
お姉さんはボクちゃんを膝の上に乗せてまた話しかけました。
「みんなを助けたいの・・でもね、そうはいかないの、分かってくれるよね、ひとりだけでも助けたいの。ボクちゃんじゃなくてごめんね」
お姉さんの涙がボクちゃんの頭にポツンを落ちました。
子猫のボクちゃんはお姉さんに言いました。
「うん、わかってましゅ、だからお譲たんを幸せにしてくだしゃい、ボクはちゅよいから大丈夫なのでちゅよ」
ボクちゃんがそう言ってミャ〜ミャ〜って鳴いたのですがお姉さんに伝わったかどうかは分かりません。
「あんね、わたち、ボクちゃんと一緒がいいでちゅよ」
「だめでちゅ、お姉ちゃんと一緒にいくのでしゅね」
ボクちゃんはそう言いながら走って行ってしまいました。
ボランティアのお姉さんも辛いのです。
このふたり一緒にって思っていたのですが・・せめてひとりだけでも幸せになってほしかったのです。
キッキちゃんにもお姉さんの気持ちが良く分かります。
そして、きっとボクちゃんにも分かったのでしょうね。
キッキちゃんはボクちゃんの事が気になって追いかけました。


  つづく
posted by ムクムク at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

雨だから

雨だね〜.jpg

今日は朝から雨。

退屈なんです。ぼ〜っと外をながめている。


なめなめしてあげる.jpg


そんでもって雨だから・・・なめなめしてあげるね〜ってモッチ。


なめなめしてあげる1.jpg


なのに・・春にガブっ!


なめなめしてあげる2.jpg


春の悲鳴。

いけませんか〜?ってモッチ。


なめなめしてあげる3.jpg


そんでもって、退屈だから仲良くねんね。
posted by ムクムク at 21:57| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする