2009年06月22日

空飛ぶ青い猫 三話 (night rainbow)1.2

かたつむり1.jpg

キッキちゃんは紫陽花が見事に咲きほこっている公園で「ものしりのカタツムリ、タケさん」に会ってました
このタケさんはキッキちゃん達の知恵袋なんです。
キッキちゃんはおじいさんに虹の橋を渡る方法を聞いて帰ってきたのですが、あとはタケさんに教えてもらはなくてはならない事があります。
「やあ〜ひさしぶりやね、キッキちゃん。おじいさんから連絡はあったんやけど虹の橋を渡るんやて」
「うん、タケさんにどの虹の橋がいいのか教えてほしの」
「キッキちゃん難しいで〜めったに会えない虹やで、それになかなかチャンスを生かすのが難しいのや」
「日本じゃないっておじいさんが・・」
「そうや、ハワイかマウイ島やなぁ〜」
「大丈夫!その時期を教えてほしいの」
「今や、今っていうか、この2、3日のあいだやな」
「そんなに急なんですか?」
「あんた一人では無理や、関東にいる「青いハートのヤーダ」に助けてもらい」

カタツムリのタケさんはキツキちゃんに教えてくれました。
その虹はハワイもしくはマウイ島の満月に近い夜に、月の光に照らされて出る虹らしい。
満月だけではダメで雨が降り、そして雨があがる瞬間に出る「夜の虹」なんです。
うまくいけばダブルレインボーと遭遇でき、その時はすべてがうまくいくらしいのです。

キッキちゃんは助けをもとめて青いハートのヤーダ君のところに急いで行く事にしました。



からす1.jpg


久し振りにヤーダ君に会ったキッキちゃんは、ヤーダ君が毎日忙しく青いハートを配って歩いているらしい事を知りました。
野ら猫の社会の揉め事をみて歩き、いじめられている子を保護したり
ケンカなんかしてる子たちには青いハートを渡して冷静になるようにって。
青いハートは心を安らかにする力があるのです
「キッキちゃん、協力するよ。いそいでるんだね」
「そう、いそいでいるの、今から北の方に飛んでって、そしてハワイまでいかなくちゃならなの。チャンスは限られているの」
「ああ、よし!用意しようね」
「ええっ・・あれは・・落ちて・・くる」
「わぁ〜落ちてくる〜子猫が空から」
そうなんです。
空からいきなり子猫が落ちてきました。カラスはあまり子猫が重かったのか、子猫を空に置いていきました。
真っ黒な子猫はキッキちゃんのいる場所を目がけているように真っ直ぐ落ちてきます。
ヤーダ君はなんとか子猫をキャッチする事が出来ました。
キャッチされた子猫は無事です。
「ああぁ〜良かった、子猫ちゃん、お家に帰ろうね」
「ぼく、わかんないでちゅ」
「お名前は」
「やなぎたんでしゅ」
「やなぎちゃん、ですね。おねえちゃんたちは急いでいるのでね、自分でお家に帰れるかな〜」
「お家にかえれないでちゅ」
さて、キッキちゃんは困ってしまいました。
今ここを立たないと間にあいません。でも、やなぎちゃんのお家を探してあげるだけの時間はありません。


  つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする