2009年06月12日

空飛ぶ青い猫 二話(アルプス編) 1・2

アルプス1.jpg

真っ青なアルプスの空をキッキちゃんはとんでいます。
今日は少し急いでいるようなんです。
キッキちゃんはアルプスにいるおじいさんにどうしても教えてほしい
事があるみたいなんです。

もうアルプスには春がやってきています
広大な風景が目の下に広がっていますよ。

おじいさんに会って「虹の橋」の渡りかたを教えてもらいたいとキッキちゃんは思っています。
あの「虹の橋」を渡って連れていってあげたい友達がいるのですが、
まだキッキちゃんにはその方法が分からないのです。

こんな風景の中でゴロ〜ンとお昼寝なんていいかなぁ〜なんて思って草原を見ながら飛んでいると・・・

草原の中を茂みに押しつぶされそうに歩いている猫がいます。
ちょっと心配になったキッキちゃんは、草原にむかって降りていきました。





       2


まいごのティエタちゃん.jpg


その猫もキッキちゃんを見つけました。
「あの〜どうしたの?」
「えっ、それより あなたはだ〜れ?みかけないよね〜」
「ああ、私はキッキ、あなたは?」
「わたしね、わたしはティエタ」
「ところで、ティエタちゃんはこんなところで何してるの」
するとティエタちゃんは得意そうな顔で言いました。
「わたしね、迷子なの。迷子のティエタちゃんですよ」
「迷子のティエタちゃんなんですか?それで・・?」
こんどはちょっとだけ困った顔をしながら
「う〜んとね、黙ってお家から出てきたの」
「それって家出?」
「とんでもないです、ちょっとひとりで冒険なの!」
「じゃ〜早くお家に帰ったほうがいいですよ・・お家でみんなさがしてますよ」
「う〜んとね・・たぶん大騒ぎかしら?でも帰り道がわからないの」
のんびりとそう語るティエタちゃんはニコニコしながらそう言いました。
「一緒に帰り道をさがしましょうか?」
「う〜ん、大丈夫、もう少し遊んだら帰るから」
あんまりのんびりと言うのでキッキやんは先を急いでいるのでテイエタちゃんとお別れしようと思いました。
「あのね、ティエタちゃん、この黄色いハートとあげるから・・」
「わぁ〜可愛い、わたしもキッキちゃんみたいに頭に飾る」
「あのねティエタちゃん、これは勇気のハートなの、きっと不安になった時には助けてくれるからね」
そうなんです、黄色いハートは勇気のハートなんです。
 
テイエタちゃんはまだまだ家に帰る様子はありません。
どんどん山の奥にいってしまいました。
そうして山の上から草原の中をゴロ〜ンゴロンところがって下っていきました。
キッキちゃんは不安ながらもティエタちゃんを空からみながら草原を去って行ってしまいました。


    つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 15:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

仲が良いっていいことだね

仲が良いって良いことだ.jpg

仲良く並んだこのふたりは見ている私を癒してくれる・

思わずにんまりしてしまった。


仲が良いって良いことだ1.jpg


シャーが寝ているところにチャトーが、そしてモッチが・・・最後に春

が・・・

それにしても、春の態度は・・新入りじゃなかったの?

モッチのいたずらもすごいと思ったが、この春の悪ぶりにまいった!

でも、こうして見ると・・・まあいいかぁ〜

仲良きことは美しい   ですね。
ラベル:
posted by ムクムク at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

戦いすんで

レスリングパート2.jpg


あそぼ!って誘っているのは春です。


レスリングパート2 1.jpg


誘われたモッチは・・・
なにしてあそぶの?

レスリングパート2 2.jpg


その質問に答えないまま、春はモッチにタックル
不意打ちとは・・卑怯な!
モッチの反撃が始まりました。

レスリングパート2  3.jpg


おりゃあ〜!



レスリングパート2  4.jpg

モッチはだてにチャトーとレスリングをやっていた訳じゃないんです
身体は春よりスリムですが・・・ここは負けるわけには!
(ちょっと柄が悪くなってますが)


レスリングパート2  5.jpg


戦いすんで・・
仲良くねんねしています。

ちなみに、このリングはアカちゃんのベッドなんですがね〜
ニャンコたちにいつも取られてます。

ラベル:
posted by ムクムク at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

一緒がいいのに

ここで寝たい.jpg

シャーが寝ていると・・風がやってきてねんね。
ちょっとだけ遠慮しながら・・・そしてチャトーもやって来て・・
ここで寝たいみたい
ちょっと困った顔して・・でもここで寝たいよ〜って


ここで寝たい1.jpg

昨日の風ちゃんみたいに無理やり・・・


寝たいのに.jpg


そこにモッチが・・・・
あああ〜ぼくもぼくも一緒がいい〜
ねらっています


寝たいのに1.jpg


ぼくも寝たいよ〜
無理やり・・・・でもスペースは空いていません
みんな知らん振り!


寝たいのに2.jpg


モッチはイジイジ・・・
淋しそうに・・・


寝たいのに3.jpg


春はそれを冷めた目で・・・
エンピツで遊ぶほうが楽しいのにね〜って顔で見てました
ラベル:
posted by ムクムク at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ぐ、ぐるしい〜

上にのっかって.jpg


チャトーの上に乗っかって気持ち良く寝ているのは・・・やっぱりモツチです。


上にのっかってる1.jpg


チャトーは・・・あれっチャトーも気持ち良さそうです。


おじゃまします.jpg

風ちゃんが割り込んできて、体勢がくずれやれやれ。


ぐるしい.jpg


やれやれって思ったのはほんのちょっと
チャトーはさすがに苦しそうです。
みんなにモテモテのチャトーです。
ラベル:
posted by ムクムク at 21:52| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

空飛ぶ青い猫  一話  (5)

さようなら1.jpg

キッキちゃんはお姉さんが子猫を抱っこして公園から遠ざかっていくのを木の上で見送りました。
そして、子猫の心に話しかけました。
「きっと幸せになれるからね、だから早く病気を治してね。あなたにはお母さんとピンクのハートがついてるのだからね」
「うん、もう泣かないでしゅ、あたちは幸せになるです」
「ええ、その調子!いい子にしてみんなに愛されるようにね。ああ、それとね、もうピンクのハートがなくっても大丈夫だと思った時はお空に返してね」
「うん、そうする・・キッキちゃん、ありがとうです」
「じゃ、さようならね・・」

それからしばらくしてピンクのハートはキッキちゃんのところに帰っていきましたよ。

その後この子猫はどうしたかって?
うなぎちゃんと言う名前をつけてもらってかにさん夫婦の子供になりみんなに愛されていますよ。
もしうなぎちゃんがどうしているのか知りたいかたは
おっさんが猫ブログまで遊びにいってみてください。」



 
あとがき

我が家にも耳の聞こえない猫がいました
ポッポ母さんの子供(シャーの兄妹)でした。
ポッポ母さんはこの耳の聞こえないわが子を異常なまでにかまっているので不思議におもっていたのですが・・耳が聞こえていないのを避妊手術の時病院で教えられました。
この子は尻尾が曲がっていたので「シッポちゃん」とよんでいました。
目の色がブルーとグレーのオッドアイってやつでした。
ポッポ母さんから独立して自分で遊びに出かけ出した時にはポツポ母さんは大声で呼び続けるのですがシッポちゃんには聞こえません。
ポッポ母さんはいつもシッポやんの後をついて歩いていました。
母は凄い!って思いました。

私たちがちょっと目をはなしていた隙にシッポちゃんは帰ってこなくなり、名前をよんでも聞こえるはずがなく・・・そのままシッポちゃんは帰って来ませんでした。
辛い日々がありました。私の不注意です。ポッポ母さんに申し訳がなくって・・そんな耳の聞こえない子が外で生きていくのは大変ハンディがあります。
ほんのちょっとした運命で生きていく子と不幸な運命を背負って行く子がいるのです。
うなぎちゃんは本当にラッキーな子ですよね。
シッポちゃんにもピンクのハートが・・って思ってこのお話を描きました。そしてうなぎちゃんに生きていてくれてありがとう!
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

空飛ぶ青い猫  一話 (4)

保護1.jpg

足音が遠のきそうになりました。
「ピンクのハートさん、子猫の中に入って!」
キッチちゃんはピンクのハートが子猫のなかに入るのを見て安心しました。
これなら大丈夫なのです。子猫が幸せになれないのならピンクのハートは中に入る事は出来ないのです。
今、遠ざかろうとしている人が子猫を助ける事が出来るのかもしれないのです。
このチャンスを逃してはダメなんです。
キッキちゃんは追いかけて行き、とっても可愛い声で「みやぁぁ〜ん」
と鳴き、子猫のいる方にもどってまた愛らしい声で「みやぁぁ〜ん」
と大声で鳴きました。
その声に振り向いたお姉さんは不思議そうにあたりを見渡しました。
「よ〜し、もう一声だわ」
キッキちゃんはそれこそ悲しそうにそして出来るだけ可愛く鳴き声をあげました。
「まぁ、こんな所に・・・あぁ〜可愛そうに・・」
子猫をお姉さんは抱き上げてくれたのです。
「大変!この子、熱があるようだし・・ねぇ、お目めを開けてごらん」
お姉さんの腕の中で子猫は眠りつづけています。
「どうしよう・・ほんと、どうしよう・・困ったなぁ〜」
キッキちゃんは木の上でそれを見守っていますが、気が気ではないのです。
「どうか子猫ちゃんにあったかいベッドとあったかい飲み物を与えてください・・そして・・」
お姉さんの腕の中で子猫の胸のハートがうっすらと光ました。
キッキちゃんは「やった〜」って思わず声に出てしまいそうでした。
「とにかく連れて帰るしかないか〜うちのなニャンコが怒るだろうけど、ここには置いて置けないし・・」
お姉さんは子猫を優しく抱きよせてくれました。

    つづく
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

みんな寝てるのにね〜

みんな寝てるのに.jpg


どの子も遊び疲れてねてます。  いえ、寝ていない子がいます。


ねむくない.jpg

春ちゃんです。

まだまだ遊び足りないのか一人でねこじゃらしであそんでいるのです。

今日、春ちゃんの5種の予防接種、2回目に行ってきました。
このあとエイズの2回目と3回めが控えているのですが・・
歩き方が少し変なのでレントゲンを撮ってもらいました。
どうやら骨折をしているみた。たぶん交通事故だろうって事です。
骨盤のところにあるなんとかいう骨(名前を忘れた)が折れていて
左足をかばう為に右足の筋肉が異常に発達しているらしい。
簡単な手術でその何とか骨を取り除くといいらしい。
来週にもう一度レントゲンを撮ってどうするか決めましょって言われた。
ここに来るまでに春ちゃんも色んな辛い目に会っていたのですよね。今そんな可愛そうなところが少しもなく、やんちゃばかり!
ラベル:
posted by ムクムク at 23:11| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこ☆いぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

空飛ぶ青い猫  一話 (3)

かあさん1.jpg


キッキちゃんはピンクのハートを子猫に抱っこさせました。
キッチちゃんからピンクのハートをもらった子猫は穏やかな気持ちになり夢を見ています。
お母さんと散歩をしている夢をみているようです。
子猫はお母さんと手をつないでお散歩をしてます。
「私のコニャンコちゃん、よ〜く聞いておいてね」
「ああっかあちゃんの声が聞こえまちたです」
初めて聞くお母さんの声は優しくそして元気な声でした。
子猫は嬉しくってお母さんにぶら下がりました。
「あのね、私のコニャンコちゃん、なんにも心配しなくたっていいのよ
いいこと、耳が聞こえなくたって大丈夫よ」
「あんね、聞こえないと怖いでちゅよ」
「コニャンコちゃん、ほら、ここでも聞こえるのよ」
お母さんはそう言って子猫の胸をトントンをたたきました。
「ほら、ここでも聞くのよ」
そう言って子猫の目をさしました。
「それにね体中でも聞こえるのよ」
「そうなんでちゅか〜」
「そしてね、母さんが傍にいなくたってね、コニャンコちゃんの事は
いつもいつも思っていますからね。愛してるよ!」
「うん、かあちゃん、覚えておきまちゅ」
夢の中の子猫は幸せでした。
そして、力が少し戻っていました。
キッキちゃんは子猫の熱が少しだけ引いていくのが分かりました。
「このままではまだダメだわ・・この子をなんとか病院に連れていかなくてはね」

遠くで公園を散歩している人の足音を聞いたキッキちゃんは、ある事を
考えました。
このチャンスをピンクのハートはのがしませんでした。


      つづく


  平和なひと時が


平和なひと時が.jpg

チャトーとモッチは今日も仲良し
モッチはナメナメ・・ナメナメ


平和なひと時が1.jpg


平和なふたり


平和なひと時が2.jpg


平和はながくは続かないものなんです。
チャトーはこの修羅場から逃げ出した。


なんか今日は河内弁?
ラベル: 絵本 イラスト
posted by ムクムク at 23:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

空飛ぶ青い猫  一話(2)

あおねこ1.jpg


公園に降りたキッチちゃんはベンチのかげで泣いている子猫を
抱き上げました。
顔は涙でグシュグシュです。
少し熱もありそうです。
「どうしたの?」
キッチちゃんが声をかけても返事はありません。
ただ泣いているばかりの子猫でした。
「そうか・・この子は耳が聞こえないのか」
キッチちゃんにはすぐに分かりました。
耳が聞こえないからお母さん猫とはぐれてしまった事が。
キッキちゃんは心の声で話しかけました。
「大丈夫よ、だから泣かないでね」
子猫は泣きながら
「母ちゃんがわたちをおいてったの・・うううえ〜ん」
「あのね、お母さんはあなたをおいて行ったのじゃないのよ、一生懸命あなたを呼んでいたのよ」
子猫はさらに大きな声で泣きだしました。
「うそよ〜母ちゃんはいなくなっちゃったのよ〜わたちを置いて」
「ええ、わかったわよ、そうよね・・でもねお母さんは今頃あなたを探していると思うわ」
子猫は泣き疲れたのか、それとも体力がなくなってきたのか体の力が少し弱くなってきています。
キッキちゃんは危険を感じました。
このまでは子猫の力がどんどん少なくなってきてしまうでしょう。
キッキちゃんはカバンからピンクのハートを出しました。
「このピンクのハートは幸せになれるハートなの、あなたにあげる」
耳が聞こえない猫(外で暮らす猫)はほとんどが母猫とはぐれ危険が多く無事に成長する子はいないといってもいいぐらいなのです。
キッキちゃんはなんとか子猫を助けなくてはならないと思いました。
力は少なくなっているので急がなくてはならないのでしょね。
「このピンクのハートがいい方法を考えてくれるわ」
キッチちゃん、急がないと!

       つづく







   暑い一日でした


暑い一日.jpg

もう真夏の日差しです
モッチはその中でなにかを見つけたみたい

暑い一日1.jpg

どこどこに入った?
モッチにとって暑い日差しなんて関係ないみたい


暑い一日2.jpg

関係あるのがここにいた。
春ちゃんです。
暑いときは日陰でしょう!って顔してました。
ラベル:イラスト 絵本
posted by ムクムク at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 空飛ぶ青い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。